インディカー第14戦ポコノ:降雨により予選がキャンセル。グリッドはポイント順に

 ポコノ・レースウェイで開催されているインディカー・シリーズ第14戦。17日に予定されていた予選は雨の影響でキャンセルとなり、グリッドは第13戦終了時点でのエントラントポイントのランキング順となった。

 残り4戦となった2019年のインディカー。“トリッキートライアングル”の愛称を持つポコノ・レースウェイが3連戦の初戦の舞台だ。

 2デイ開催のポコノ戦。予選走行前となる午前中に1時間のプラクティスセッションが予定されていたが、降雨によりスケジュールが大きく変更となった。

 ファイナルプラクティスを1時間から2時間の走行時間に増やすため、予選は中止が決定。グリッドは、前戦までのエントラントポイントランキング順となり、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がポールポジションの位置からスタート。隣にはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が並ぶこととなった。

「予選を行いたかったけど、シリーズの立場からみればプラクティス走行のほう優先されると思う。彼らはレースに向けて準備を整えようとしているので、それを支持しているよ」

「みんな1番手を獲得したいよ。けど、僕たちはそれを手に入れた。ポイントに基づいてスターティンググリッドを与えてくれたので、ポイントリーダーになることはいいことだね。すべてポジティブだよ」とニューガーデンはコメントしている。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は7番手からスタートとなった。

インディカー参戦10周年を記念したスペシャルヘルメットで参戦する佐藤琢磨
インディカー参戦10周年を記念したスペシャルヘルメットで参戦する佐藤琢磨

■2019NTTインディカー・シリーズ第14戦ポコノ予選総合結果

Pos. No. Driver Team Engine Points
1 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 504
2 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 488
3 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 457
4 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 442
5 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 356
6 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 333
7 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 332
8 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 312
9 10 F.ローゼンクヴィスト チップ・ガナッシ H 296
10 5 J.ヒンチクリフ アロウ・シュミット・ピーターソン H 287
11 18 S.ブルデー デイル・コイン・レーシング H 274
12 21 S.ピゴット エド・カーペンター・レーシング C 265
13 19 S.フェルッチ デイル・コイン・レーシング H 259
14 88 C.ハータ ハーディング・スタインブレナー H 245
15 20 E.カーペンター エド・カーペンター・レーシング C 240
16 7 M.エリクソン アロウ・シュミット・ピーターソン H 219
17 98 M.アンドレッティ アンドレッティ・ハータ・オートスポート H 218
18 26 Z.ビーチ アンドレッティ・オートスポート H 206
19 14 T.カナーン A.J.フォイト・レーシング C 199
20 4 M.レイスト A.J.フォイト・レーシング C 182
21 23 C.キンボール カーリン C 167
22 59 C.デイリー カーリン C 167