JRPが『全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権』の概要を発表。童夢のF3リージョナルとも協力姿勢

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦もてぎでメディア向けの定例会見が行われ、2020年から全日本F3選手権を引き継ぐ形で新たに立ち上げられる『全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)』の概要が明かされた。これまで1979年から40年に渡って続いてきた全日本F3選手権はスーパーフォーミュラとの関連を強くして、新しいカテゴリーへと生まれ変わることになった。

 スーパーフォーミュラ・ライツの2020年からの発足についてはすでにJAFの公示で明らかになっていたが、その一方、童夢が今年の春に発表していたFIA リージョナルF3規格のマシン『DOME F111/3』の開発との関連が定かではなく、F3規格のカテゴリーがふたつ誕生する可能性などについて、さまざまな懸念の声が聞こえていた。

「FIAがF1からF4まで新たなピラミッド構造を作り、我々が今まで40年間担ってきたF3のカテゴリーが2段階に分かれ、インターナショナルF3とF3リージョナルに分かれました。我々F3協会としては、今までのF3を、リージョナルも含めてどうしていけばいいのだろうかということを十分に検討しました」と会見の冒頭で話すのは全日本F3協会の水野雅男会長。

「その結果、トップドライバーになるための登竜門であるF3を、今までのマシンにヘイローをつけて安全性を向上させ、スーパーフォーミュラの名前をお借りして『スーパーフォーミュラ・ライツ』という名前で継続していきたいと考えてJAFに申請し、認可をいただきました」と水野会長は新カテゴリーへの名称変更の理由を説明した。

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ サタデーミーディング
(左)日本レースプロモーション(JRP)の倉下明社長 (右)全日本F3協会 水野雅男会長

 車両に関してはすでに発表されている通り、ダラーラ社製の『ダラーラ320』を使用することが決定。スーパーフォーミュラ・ライツはワンメイクでの選手権となり、現行シャシーはヘイローの装着が難しいことなどから使用できなくなるが、サスペンションアームなどのパーツに関しては部分的にダラーラ320でも使用できるという。エンジンは現行と同じく、2.0リッター4気筒のレーシングエンジンの使用となる。

 全日本F3協会の事務局長を務める田口朋典氏によれば、「現状では新規の参加エントラントがあるかどうかはわかりませんが、現行車両と同じくらいの12台以上を見込んでおります」とのこと。マスタークラスに関しては、参加ドライバーの状況を考慮し、ニーズによってはクラス創設もあるようだが、ジェントルマンクラスのドライバーの参戦がなければなくなるという。

 なおスーパーフォーミュラ・ライツにおけるスーパーライセンス・ポイントの付与に関しては、全日本F3協会からJAFに問い合わせたものの、まだ回答は得られていない。

 気になるところとしては、スーパーフォーミュラ・ライツ立ち上げの一方で、童夢が主体となって進めている日本におけるF3リージョナルシリーズとの関連だ。スーパーフォーミュラ・ライツは現行の全日本F3と同じ格式で行われるため、2020年に『全日本』の名前を使用するのはスーパーフォーミュラ・ライツになる。日本のF3リージョナルシリーズは全日本選手権としては開催されないものの、スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)の倉下明社長によれば、F3リージョナルとも協力することを考えているという。

「日本におけるF3リージョナルも、童夢さんを中心として来年立ち上がろうとしております。FIAと向き合うことを考えてもJRPとしては、F3リージョナルが立ち上がり、そちらもまたひとつのステップアップのカテゴリーとしてきちんと日本に根付いていくというのが我々の期待するところです。我々としても童夢さんを中心として立ち上がろうとしているF3リージョナルに対して、できることがあればフォーミュラを盛り上げることを目標として協力をしていきたいと考えております」」とJRPの倉下社長。

 国内F3リージョナルとスーパーフォーミュラ・ライツの併催は週末のスケジュール上、難しいようだが、JRPとしてはスーパーフォーミュラへのステップアップなどに関して分け隔てなく対応していく姿勢を見せた一方、スーパーフォーミュラ・ライツの年間チャンピオンにスカラシップ的なチャンス、テスト走行などの機会を提供する案があることを明言した。

 現在のFIA F4とJAF F4、そしてF3格式でもスーパーフォーミュラ・ライツとF3リージョナルと、モータースポーツファンとしてはなかなか理解するのが複雑な状況となるが、カテゴリーの目的、そして安全性やテクノロジーの発達とパフォーマンス面など、世界的にモータースポーツが再編成を迎えているタイミングでもある。今後の国内フォーミュラがどのような形となるのか、混沌としている状況だけに、スーパーフォーミュラ・ライツとF3リージョナルの今後に注視していきたい。

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ サタデーミーディング
(左から)JRP取締役 上野禎久氏、JRP 倉下明社長、全日本F3協会 水野雅男会長、全日本F3協会事務局長 田口朋典氏