池沢早人師に訊くスーパーカーブームの裏側「第10回 特別対談:“潮来のオックス”と新旧ポルシェを語る」

池沢早人師に訊くスーパーカーブームの裏側「第10回 特別対談:“潮来のオックス”と新旧ポルシェを語る」

池沢早人師 × 関根英輔

ポルシェはどの時代でもポルシェである!

池沢早人師先生と約半世紀に渡って交流を続ける関根英輔さん。“潮来のオックス”として『サーキットの狼』作中にも登場する関根さんは、日本屈指のスーパーカーコレクターとしても名を馳せる。

共にスーパーカーを愛し、スーパーカーと過ごしてきたふたりは、この約半世紀に触れてきた膨大な数のスーパーカーについてどのような想いを抱いているのか?

今回から、スーパーカー界2大レジェンドの特別対談を3回にわけてお届けする。第1回はふたりが愛してやまないポルシェについて。過去から現在までスーパーカーの中心的な存在として活躍する「新旧ポルシェ」に対する熱い想いを語っていただく。

ふたりの慣れ染めはポルシェ911から始まった

池沢先生と関根さんの出逢いは、44年前開催の富士スピードウェイ走行会へと遡る。

池沢早人師(以下、池沢):関根さんと初めて会ったのは1975年の富士スピードウェイだったよね。『サーキットの狼』の連載が始まってすぐの頃。その時ボクはディーノ246GTが壊れちゃって、マツダ・サバンナGTで参加していたんだ。

関根英輔(以下、関根):漫画家の人だとは知っていたけど、走行会中に話はしなかった。でも、そのあと仲間たちとの打ち上げで御殿場のドライブインに行ったとき、偶然にも隣に座ったんだよね。そこで意気投合して遊ぶようになった(笑)。

池沢:その時の走行会で関根さんはRSR仕様にした緑のポルシェ911カレラに乗っていたのを今でも覚えている。関根さんは『サーキットの狼』作中では“潮来のオックス”として登場しているからランボルギーニのイメージが強いけど、本当は熱狂的なポルシェフリーク(笑)。

関根:ポルシェはスタイルも個性的だけど性能も素晴らしい。フェラーリやランボルギーニと争えるのに実用性が高いからね。池沢君もすぐにポルシェ930ターボに乗り換えたよね?

池沢:そう、1975年のモーターショーに出ていた930ターボにひと目惚れして、その翌年には愛車になっていた。でも、当時の930ターボは絵にかいたような「ドッカンターボ」でね(笑)

関根:そうそう。立ち上がりは悪いけどそこからの迫力はあったね。独特のハンドリングだったけど、それが「ポルシェ930ターボ」だと思わせる魂があった。

池沢:それに爆発的に加速するのにブレーキが弱い(笑)。今でこそ「ポルシェ=ブレーキが効く」が常識になっているけど、当時のポルシェはエンジン性能にブレーキが追いついていなかった。

関根:当時のポルシェには時代を変えていこうとするチャレンジ精神が感じられたよね。発展途上だったことは間違いないけど、その熱意がハンドルから伝わってきた。

池沢:ボクの930ターボは4速MTで0-100㎞/h加速は5秒台。でも止まらないクルマ。今だから言えるんだけど、ギヤがワイドレンジだから気持ちよく2速で加速していたら、信号で止まれなくてオカマを掘った(笑)。軽いやつだけど3回も!(笑)

関根:今では考えられない(笑)。でも、ポルシェは空冷エンジンと水冷エンジンで世代を分けることが多いけど、ボクのなかではブレーキで世代が分かれる気がする。

池沢:同感。ポルシ930ターボの後に85yと88yの911カレラを手に入れたんだけど、この辺から少しずつマシになり、タイプ964からブレーキが急激に良くなって安心して止まれるようになったと思う。ここからポルシェのブレーキ神話が始まったんだと思うし、サーキット走行でもエンジンの実力をブレーキが受け止められるようになった。

関根:走りに対してブレーキが伴ったタイプ964からポルシェは新しい時代になったんじゃないかな? どんなに速いクルマでもブレーキ性能が弱いと走っていて楽しくないしね(笑)。

水冷へのスイッチは正常進化。ポルシェが魂を売ったワケではない!

タイプ993を最後に空冷エンジンを捨てたポルシェに当時はバッシングもあったが、おふたりは水冷へと移行した新たな時代をどう受け止めているのだろうか?

関根:決して空冷を古いとは思わない。それがその時代ではベストであった選択だし、時代に合わせて水冷というシステムを取り入れただけ。ポルシェはどの時代でもポルシェであり時代の頂点を走り続けているんだと思う。ポルシェと言う個性は空冷エンジンだけじゃないからね。

池沢:水冷になってもポルシェはポルシェであり続けている。確かに996から大きく変わったとは思うけど、違うクルマになったという印象は全くない。

関根:個人的にはこの911 GT3 RSが気に入っている。排気音は大きいけど乗りやすいよね。誰でも乗れるって感じ。でも初期の930ターボみたいに「自分だけが乗れる」という特別感が無いのは寂しいかな。カレラGTは今でも乗る人を選ぶけど(笑)。

池沢:ボクは996のGT3に乗っていたとき、水冷という違和感を全く感じなかった。逆に水冷になったからこそ、高回転域での太い音の魅力が大きくなったんだと思う。

関根:今のポルシェはエンジンよりもブレーキ性能が素晴らしい。このGT3 RSのカーボンブレーキは冷間時でもバシッと止まる。これぞポルシェのテクノロジー(笑)。

池沢:ポルシェはNAでもターボでも走りが楽しめる。ユーザーの好みでチョイスできるふたつの選択肢はどっちもアリだからね。昔のように「ターボが欲しいけど、諦めてNAに乗る」って感じではないからね。

関根:ナローポルシェの時代は200㎞/h前後がシビアで直進安定性は最悪だった。でも、今のポルシェはアクセルに軽く足を乗せていると気づかない間に200㎞/hを超えちゃってるからね。これが一般道なら一発で免許取り消し。

池沢:今のポルシェは誰でも簡単に運転できる。しかも素のままサーキットで楽しめるところは昔も今もポルシェの美点であるよね。ポルシェらしさが健在なのは素晴らしいこと。最近は新しいタイプ992にも興味が湧いてきて、先日のアンベール(編注:国内発表会)は関根さんと覗いて来た(笑)。

関根:池沢君はかなり興味津々だったけど、買っちゃうんでしょ?

池沢:今、タイプ991のカレラSで自己最長所有記録の7年を達成しているんだけど、992にGTSが出たら・・・我慢できないかも(笑)。ポルシェはスーパースポーツでありながらも、リヤシートにゴルフバッグを積んで遊びに行ける実用性もあるしねぇ。

関根:ポルシェはいつの時代も同じ匂いがする。フェラーリやランボルギーニは時代によって大きく変化するけど、ポルシェは普遍だからね。そのイメージが硬派であり、パラノイアと呼ばれるマニアが消えない理由なんだと思う。

池沢:近代ポルシェは空冷からの「変化」ではなく「進化」。フェルディナント・ポルシェ博士の「哲学」と「魂」は今でも変わらない。ポルシェは簡単に魂を売るようなメーカーじゃないからね。

TEXT/並木政孝(Masataka NAMIKI)

PHOTO/降旗俊明(Toshiaki FURIHATA)