ホンダ高橋巧、手負いの状態も「普通には乗れている」/全日本ロード第5戦もてぎ予選会見

 全日本ロードレース選手権第5戦もてぎJSB1000の公式予選を終え、ポールポジションを獲得した高橋巧(Team HRC)、2番グリッドの中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、3番グリッドの水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が会見に登場。予選を振り返るとともに、日曜日に行われる決勝レースに向け、意気込みを語った。

■高橋巧(Team HRC)/予選ポールポジション

「(決勝レースを)少しでも前からスタートできればいいと思い、集中して3回くらいタイムアタックしようと考えていました。そのアタックで出したタイムが運よくポールのタイムになって(決勝レースを)一番前からスタートできるのでうれしいです。決勝が重要なので、気持ちを入れ替えて、明日また集中して走りたいと思います」

「(怪我については)腓骨の頭の部分が欠けた状態です。1週間で歩けているのでラッキーでした。決勝は(長く)走っていないですし、コンディションも4輪が走った後なのでわからないです。路面温度が上がってみんなグリップが悪いと感じていますが、自分も当然感じています。そのわりには1周のタイムはまとめられてタイムを出すことができるので、(決勝レースが)始まってみたらわかると思います。タイムはある程度出ていて普通には乗れているので、明日はいい勝負をしたいです」

「チャンピオンシップも考えながら戦わなければいけないし、そのためには1戦1戦取りこぼしなく走らなければいけないので、1戦1戦集中して優勝を目指して走るだけです」

■中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/予選2番手

「自分はコンディションを合わせるのに時間がかかってしまい、タイヤのおいしいところも使えませんでしたが、リズムはできてきました。昨日までやっていたことが形になってきたので、明日のレースは23周と長いですが集中してやれることを精一杯やろうと思います」

「(レースウイーク前は)自分たちもHRCさんとジョイントしてもてぎを走っていたので、鈴鹿8耐以降休みに浸ることなく全日本に気持ちを切り替えて入ってきました。テストは非常に暑かったですし、厳しいコンディションのなかでテストができました。今回は4輪が走っていたので、テストのときよりはグリップが少し悪い感じでしたね。マシンは(セッティングを)大きく降ることなく来れています」

「鈴鹿、SUGOは高橋選手が速く、勝負できていません。もてぎで勝つことができればチャンピオンシップで少しずつプレッシャーをかけられる。今は高橋選手を追いかけてプレッシャーをかけ続けることが自分ができることです。明日はプレッシャーをかけれられる位置で勝負していいレースがしたいです」

■水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)/予選3番手

「Q2ではポールを目指して取り組んだので、3番手になって悔しいですが、JSB1000クラスになってから初めてフロントロウに並ぶことができたので、一歩ずつ前に進めていると思います」

「決勝はもちろん勝ちたいです。ただ、一発のタイムは出せるときはあるのですが、レースラップを考えると上位陣にかなわない部分があります。そこは自分の課題点でもあるし、明日の決勝はとにかくかき回しながら良い順位でゴールできるよう頑張ります」

「(走りが変わったのは)鈴鹿8耐からハードが変わったことと、自分が今の車両に乗りなれてきたというのが大きいです。去年からくらべると少しづつ乗りこなせていると自分のなかで感じているので、それがタイムアップしているひとつの要因だと思います」

第5戦もてぎ予選会見に登場した高橋巧(中)、中須賀克行(左)、水野涼(右)
第5戦もてぎ予選会見に登場した高橋巧(中)、中須賀克行(左)、水野涼(右)