アキュラ、モントレーで伝統のカラーをまとったNSXと“タイプS”を公開

アキュラ、モントレーで伝統のカラーをまとったNSXと“タイプS”を公開

Monterey Car Week 2019

モントレー カー ウィーク 2019

初代NSXの“インディイエロー”が蘇る

アキュラはモントレー カー ウィーク2019で2台の新型モデルを初披露する。

まずは、NSXの2020年モデル。1997〜2003年の間に初代NSXに設定されていたスパイエローを再解釈したインディイエロー・パールを新たに外板色として設定した。「ベルリナブラック」と合わせて、初代にオマージュを捧げる外板色が合計2色となった。

アキュラ_モンテレー・カー・ウィーク2019_NSX_2020_斜俯瞰置きフロント

スパイエローは、初代NSXの外板色のなかで5番目に人気のあったカラー。マーケットによっては“インディイエロー”の愛称でも知られており、1997〜2003年に販売されたNSXのうち約20%を占めたという。2004年には“リオイエロー”に置き換えられた。

顧客へのデリバリーは2019年11月に開始予定。車両価格は15万7500ドル(約1671万円、輸送費除く)からで、インディイエロー・パールは特別ペイントでプラス1000ドル(約11万円)。カーメル・バイ・ザ・シーで行われる「コンクール・オン・ザ・アベニュー」に登場する。

コンクール・オン・ザ・アベニューには、2020年モデルNSXとともにNSX GT3 Evoも展示する。

アキュラ_モンテレー・カー・ウィーク2019_NSX_2020_走りリヤ3

10年ぶりに北米でタイプSが復活

中型セダン、TLXに加わるといわれる“タイプS”の予告モデル「タイプS コンセプト」もモンテレーでデビューを飾る。

アキュラは、2代目NSXの登場とともに掲げた「Precision Crafted Performance(精密に、精巧に仕立てられたパフォーマンス)」というテーマに今一度立ち返るべく、タイプSを10年ぶりに蘇らせる予定。

アキュラ_モンテレー・カー・ウィーク2019_タイプSコンセプト_フロント置きイメージ

アキュラは高性能モデルのタイプSの復活を、ブランド活性化の一環に据える。これまでに北米では2001〜2003年の3.2 CLからはじまり、2002〜2003年の3.2 TL、2002〜2006年のRSX、2007〜2008年のTLまで4種のタイプSを展開してきたが、ここ10年は途絶えていた。今後2年のうちに2モデルを投入する予定という。

「タイプSの復活は、我々のブランドをパフォーマンスを重視するという原点に立ち返らせます。いま我々は、NSXの復活やハイレベルな北米のモータースポーツ界における活躍、RDXをはじめとした新世代モデルの導入など、ひとつひとつパズルのピースをはめ込みながら、アキュラ・ブランドがもつ本物の価値を蘇らせています」と、北米ホンダの副社長兼アキュラのブランドオフィサーを務めるジョン・イケダは説明する。

アキュラ_モンテレー・カー・ウィーク2019_タイプSコンセプト_正面

タイプS コンセプトには、4灯で構成する「ジュエル・アイ」や「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」、デイトナのプロトタイプマシン、アキュラ ARX-05にモチーフを取る“シケイン”と呼ぶデイタイム・ランニング・ライトなど、今後のアキュラに展開されるデザイン要素を盛り込んでいる。

アキュラ_モンテレー・カー・ウィーク2019_タイプSコンセプト_背面

カリフォルニアのアキュラ・デザイン・スタジオによるデザインで、チームを率いたのはエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターのデイブ・マレクとチーフ・デザイナーのベン・デイヴィッドソン。

「タイプS コンセプトは、アキュラ・デザインに欠かすことのできない『パフォーマンス』という言葉を声高に語りかけます」とデイブ・マレクは語る。

タイプS コンセプトは8月15日の夜に限られたゲストのみに公開され、一般披露は16日のザ・クウェール・ア・モータースポーツ・ギャザリングにて行われる。