平川がトップ。赤旗を出すも2番手にパロウ【タイム結果】2019スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ 金曜専有走行

 スーパーフォーミュラ第5戦ツインリンクもてぎの金曜専有走行が8月16日に行われ、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分31秒925でトップタイム。中盤に10コーナーでマシンをとめ赤旗の原因を作ったアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)は終盤に2番手タイムをマークした。

 気温は手元の計測で29度、路面温度32度と夏の時期らしい天候で、13時15分の定刻通りに開始されたスーパーフォーミュラ金曜専有走行。走行前には小雨が降り路面が少し濡れていたが、セッション開始時には雨があがっておりドライでの走行となった。

 セッションが開始され半数のマシンがコースイン。多くのドライバーがミディアムタイヤで出ていったが、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSのアーテム・マルケロフと大嶋和也、塚越広大(REAL RACING)はソフトタイヤを履き走行した。

 15分が経過した13時30分頃にソフトタイヤを履いた中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が1分33秒467でトップタイム、同じくソフトの塚越が1分33秒792で2番手に続いた。

 その後、セッション19分が過ぎたあたりで赤旗が掲示。10コーナー(ヘアピン)でパロウがコースアウトしマシンを止めたようで、車両回収のためセッションが中断された。

 セッションは、13時47分に再開され、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)とパロウ以外のマシンは、即座にピットを離れ2度目の走行に向かった。各車がタイムを更新していくなか、今回がスーパーフォーミュラ2度目の参戦となるパトリシオ・オワードが1分33秒338を記録しトップに浮上。

 終盤には、再度コースインしたパロウも、ラストアタックに向かった。セッション終了前、平川が14ラップ目に1分31秒925をマークしトップタイムを記録した。

 金曜専有走行は赤旗中断により5分延長され、14時20分に走行終了。平川がトップでセッションを終え、2番手は1分32秒301でパロウ、3番手は1分32秒315の山下健太(KONDO RACING)と続いた。14番手までのタイムはソフトタイヤで計測したものとなっている。

■2019全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦もてぎ 金曜専有走行タイム結果(編集部計)

天候:曇り 路面:ドライ

Pos. No. Driver Team Engine Time
1 20 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA 1’31.925
2 64 A.パロウ TCS NAKAJIMA RACING HONDA 1’32.301
3 3 山下健太 KONDO RACING TOYOTA 1’32.315
4 19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA 1’32.449
5 65 牧野任祐 TCS NAKAJIMA RACING HONDA 1’32.710
6 39 坪井翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA 1’32.961
7 15 P.オワード TEAM MUGEN HONDA 1’33.338
8 36 中嶋一貴 VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA 1’33.445
9 7 A.マルケロフ UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA 1’33.446
10 16 野尻智紀 TEAM MUGEN HONDA 1’33.503
11 17 塚越広大 REAL RACING HONDA 1’33.783
12 8 大嶋和也 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA 1’33.900
13 50 L.アウアー B-Max Racing with motopark HONDA 1’33.941
14 51 H.ニューウェイ B-Max Racing with motopark HONDA 1’33.943
15 5 福住仁嶺 DOCOMO TEAM DANDELION RACING HONDA 1’34.042
16 38 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA 1’34.354
17 1 山本尚貴 DOCOMO TEAM DANDELION RACING HONDA 1’34.559
18 37 N.キャシディ VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA 1’34.577
19 4 国本雄資 KONDO RACING TOYOTA 1’34.790
20 18 小林可夢偉 carrozzeria Team KCMG TOYOTA 1’35.134