とびきりのランボルギーニ・ミウラがペブルビーチに集結!

ランボルギーニはこのほど、2019年8月18日にカリフォルニアで開催される世界有数のクラシックカーイベント「第69回ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、「ランボルギーニ・ミウラ・クラス」が特別に設けられ、5台のミウラが登場することを発表した。

1960年代を代表するGT、登場する5台のうち3台が「ポロストリコ」でレストア済み

 1966年に開催されたジュネーブ・モーターショーで初披露されたランボルギーニ・ミウラは、ジャンパオロ・ダラーラとパオロ・スタンツァーニの二人のエンジニア、そして当時ベルトーネ社の最年少デザイナーだった22歳のマルチェロ・ガンディーニによって創り出された作。

 4.0LのV型12気筒エンジンをミッドシップマウントし、当時、市販車最速を誇ったミウラは、1966年から1973年の間に本社工場のサンタアガタ・ボロネーゼで763台製造された。今では所有して運転したいクラシックカーの最高レベルにランクされている。

 今回のペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場する5台のミウラを紹介しよう。

 シャシーナンバー「3087」の1967年モデルは、最初に製造された25台のうちの22台目。1967年6月に、スイスのレーシング・ドライバーのカール・フォイテクがチューリッヒにある自身のスポーツカー販売店にて新車を入手。フォイテクは1972年まで所有し、その後、イリノイ州レイクフォレストのジョン・ミドルトンに売却。ミドルトンはこのミウラを40年間所有した。3人目のオーナーは米国のランボルギーニ・スペシャリストにレストアを依頼。2018年10月に現在のオーナー、カリフォルニア州ベルヴェディアのトム・プライスと グウェン・プライスの手に渡っている。

 ワシントン州メディナのジョン・シャーリーとキム・ シャーリーが所有するシャシーナンバー「3303」の1968年モデルは101番目に製造されたミウラP400。1968年2月に完成し、初代オーナーであるイラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーに届けられた。特注のクロームメッキ・ フロントバンパーや特殊なステアリングホイールに加え、外観も変更されていた。自宅のあるサン・モリッツの雪道に備えて、国王がミウラに特殊なスタッドタイヤを装着。1979年のイラン革命で失脚する直前に、国王はこのミウラを売りに出したが、国外に持ち出される前に アヤトラ・ホメイニ政権によって没収。その後、国王の息子が30年間所有し、2018年には 大がかりなレストアが施され、2019年初めに現在のオーナーに渡った。

シャシーナンバー「3586」は映画『ミニミニ大作戦』に登場した個体

 1968年のミウラP400(シャシーナンバー「3586」、リヒテンシュタイン、ファドゥーツのカイザー・コレクション所蔵)は、映画で有名となった個体。1969年6月2日公開のマイケル・ケイン出演『ミニミニ大作戦』(原題:The Italian Job)の冒頭で、俳優ロッサノ・ブラッツィを運転。クラッシュシーンで無残な姿になった別のミウラと同じ色だったという理由で、パラマウント製作側がこの3586を選んだ。撮影後、無事だったミウラは工場に戻され、イタリアのランボルギーニ・ ディーラーのザーニを介して、1968年7月2日に最初のイタリア人オーナーに引き渡された。イタリア、日本、英国で保管されたのち、映画出演した個体として認定され、2019年にランボルギーニ・ポロストリコでレストアされた。

シャシーナンバー「3673」はFIA会長のジャン・トッド氏が所有

 1972年のミウラP400 SV(シャシーナンバー「3673」)は、150台製造されたミウラSVのうちの1台。この個体には全壊して解体されたP400の1968年の車体番号がついている。これは最初のオーナーである南アフリカ在住の元英国空軍パイロット(Arthur Mechin大尉)が新車にかかる輸入税を回避したため。1972年11月に届けられたこの個体は最後に製造されたミウラのうちの1台で、30年近く南アフリカで所有され、2001年に米国で売却された。2016年に、伝説的ラリー・ドライバー、F1のフェラーリチーム監督、そしてFIAの会長であるジャン・トッド氏がオーナーとなった。2018年にはランボルギーニ・ポロストリコで完全なレストアが施されている。

日本人が所有するシャシーナンバー「3781」の個体は2018年6月にレストア後の姿が披露された

 1968/1975年のミウラSVR(シャシーナンバー「3781」)のオーナーは日本人。1975年にサンタアガタ・ ボロネーゼの工場で1台のみ製作された個体で、当初ミウラSとして製造され、1968年のトリノ・モーターショーに初登場したが、その後、イタリアで売却。1974年に、ドイツのハインツ・スティーバーが中古として購入し、特別なレーシング仕様のミウラを作ってほしいと工場に依頼した。18カ月もの時間をかけて1975年に完成。オーナーはしばらく運転した後、日本人コレクターに売却した。それ以降は日本人が所有していたが、2016年に現在のオーナーが購入。1975年の納車時とまったく同じ状態にレストアしてほしいと、ランボルギーニ・ポロストリコに委託され、2018年6月に完成した個体が披露されている。

 ランボルギーニ・ポロストリコは歴史的遺産を守るために、ランボリギーニの一部門として2015年に開設。2001年以前に製造されたすべてのランボルギーニ車のレストアと認定に加え、クラシック・ランボルギーニのスペアパーツの再構成も実施。2018年だけでも200を超える新しいコード番号が導入された。また、ポロストリコでは企業アーカイブの保存と管理も手掛け、すべてのランボルギーニ・クラシックカーを後世へと引き継ぐことをサポートしている。