新設ラリークロス『タイタンRX』第3戦にトム・コロネル参戦。「すでに熱狂的ファンになり始めている」

 ラリークロス界のトップドライバーのみならず、スポーツカー耐久やGT、ツーリングカーなどあらゆるジャンルのドライバーが結集した新設ラリークロス選手権『タイタンRXラリークロス・シリーズ』第3戦がポルトガル・モンタリグレで開催され、WTCR世界ツーリングカー・カップ参戦中のトム・コロネルがラリークロスに初挑戦。決勝レースとなるファイナル進出は逃すも「僕はすでに、この競技の魅力に取りつかれている」と、グラベルでのファイトを満喫していた。

 フランスのエセを皮切りに、ラリークロスの聖地イギリス・リデンヒルを経て、8月10~11日にポルトガルに上陸した『タイタンRXインターナショナル・ヨーロッパ・シリーズ』。その競技運営はオーストリアの名門ラリークロス・コンストラクターであるMJPレーシングが担当し、彼らの製作したワンメイクフレーム“パンテーラRX6”が使用される新選手権となっている。

 この新シリーズにレギュラー参戦するティミー&ケビンのハンセン兄弟や、元GRCレッドブル・グローバル・ラリークロス王者のトーマス“トピ”ヘイキネンらWorldRX世界ラリークロス選手権経験者に加え、WRC世界ラリー選手権参戦経験のあるクレイグ・ブリーン、ERCヨーロッパ・ラリー選手権レディス・トロフィ獲得のタマラ・モリナーロも参戦。

 さらにネルソン・ピケJr.やペリー・マッカーシー、オリバー・ウェブらフォーミュラやスポーツカー耐久経験者、そして2013年BTCCイギリス・ツーリングカー選手権チャンピオンで今季もタイトル争いを展開するアンドリュー・ジョーダンなど、そうそうたるメンバーがエントリーリストに名を連ねている。

 この第3戦ポルトガルでは、そのラインアップに地元出身のWRC経験者、アルミンド・アラウージョと、長年に渡りツーリングカー界を代表するスター選手として活躍するコロネルがワイルドカード参戦。とくにコロネルはこれがラリークロス初挑戦ながら、事前テストもなくいきなりの本番に挑むという高いハードルを課されることになった。

 しかし初日のラウンド5でマシン特性とコース習熟を果たしたコロネルは、レギュラー参戦組の「献身的な支援」も得て、日曜ラウンド6ではあと少しでセミファイナル進出というところまで、わずか2日の間に脅威のスピードで進化を遂げてみせた。

「本当に気に入った。とてもとても気に入ったよ。そのせいでみんなにはいくつかトラブルを引き起こしてしまったかもしれないけどね」と、ジョークを交えて初体験カテゴリーをふり返ったコロネル。

「すでに僕はラリークロスに熱狂的に取りつかれ始めている。もう全身で面白さを感じることができた。レーシングドライバーとしてワクワクできることがまだあり、とくにグラベルでのドライビングなど学ぶべき領域が明確に示されて、それを改善していく作業は心から楽しかったよ」

シリーズ第3戦はポルトガルのモンタリグレが舞台。トム・コロネル(奥)は、ほぼぶっつけ本番で挑んだ
「ハンセン兄弟のドライビング方法が本当に上達の助けになったんだ」とコロネル
わずか8分間の練習のみで、世界選手権クラスのドライバーたちを相手に予選Q1ヒートに挑んだ
「可能ならば、このままシーズン後半戦も参加しつづけたいね」と、ラリークロスに”どハマり”した模様

 このイベント会場に入るまで537馬力/750Nmを発生する“パンテーラRX6”をドライブした経験がなかったコロネルは、わずか8分間のプラクティスのみで本戦に挑んだ。

「そう、わずか8分間の練習で世界選手権クラスのドライバーたちを相手にしなくちゃいけなかったんだ!」と、Q1ヒートをふり返ったコロネル。

「かなり緊張していたし、もちろん前に行くことなんて考えてもいなかった。好意的に見て、2日目(ラウンド6)にセミファイナルまで進めればOKだと思っていた。でもそれが本当に実現しそうなところまで行けた(カットラインの12位に対し13位)。これでやる気が芽生えたし、ふたたびこのシリーズにカムバックする日を熱望している」

 コロネルはパドックのメンバーとも積極的に交流を図り、初体験のマシンとモンタリグレのトラックをどう攻略すべきかを情報交換。そのオープンな雰囲気が「大いに助けになった」とも語っている。

「セクタータイムで負けているのはグラベル区間のみだった。他のドライバーに『インカーカメラを置かせてもらえないか』と聞いたら、彼らは『問題ないよ』と言ってくれたんだ。それでGoProを置いて、夜にホテルで映像をじっくり確認し、勉強に励んだってわけさ」

「ここでは誰もがお互いのテントに気軽に足を踏み入れ、ハンセン兄弟のドライビングの秘密さえ見ることができる。コーナーで使用するギアを尋ねることさえ可能だ。ドライバーの考え方を知るのは本当に見ごたえある経験だった。誰もが同じ機会、同じ可能性、同じ理解を持っている。モータースポーツはこうあるべきだと思うね」

 土曜のラウンド5はケビン・ハンセンが決勝全ラップを支配し、シリーズ史上初の連勝をマーク。2位にBTCCのBMW使いアンドリュー・ジョーダンが入り、こちらも連続表彰台を獲得。

 この日3位だった兄のティミー・ハンセンは翌日のラウンド6で意地を見せ、弟のケビンと選手権ライバルであるヘイキネンを従えて勝利を飾り、土日ともに決勝進出を果たしたブリーンが4位。そのブリーンとバトルを演じた6位モリナーロは、ランキング5位に躍進している。

 全8戦のシーズンが予定される『タイタンRXラリークロス・シリーズ』の第4戦は、シリーズ創設者の本拠地でもあるオーストリアに向かい、全長1.150kmのMJPアリーナを舞台に9月7~8日の週末に争われる。

土曜のラウンド5は、ポールシッターのトピ・ヘイキネンをパスしたケビン・ハンセンが連勝
日曜ファイナルではクレイグ・ブリーンをオーバーテイクするなど、会場を沸かせたタマラ・モリナーロ
日曜は予選、準決勝、決勝と、1度も首位を譲ることなくシーズン2度目の完全勝利を記録したティミー・ハンセン
ランキング首位は136点のケビン・ハンセン(右)となり、2位には126点でティミー(左)とヘイキネンが並んでいる