「ガスリーはトロロッソで再び真価を発揮する」。レッドブルF1からの降格を受け、弁護士がコメント

 2019年シーズン途中でレッドブル・ホンダのシートを失ったピエール・ガスリーは、気持ちを切り替えて、トロロッソで新しいスタートを切ろうとしている。

 8月12日、レッドブル・レーシングは、次戦第13戦ベルギーGPから、ガスリーをトロロッソに戻し、トロロッソのルーキー、アレクサンダー・アルボンをマックス・フェルスタッペンのチームメイトに抜擢することを発表した。

 フランスのラジオ局RMC Sportによると、ガスリーは正式リリース発表の数時間前にチームからこの決断を知らされたという。RMC Sportの取材に対し、ガスリーの弁護士は、「彼はトロロッソで力を証明した。これから愛するチームのなかで真価を発揮していく」とコメントしたという。

 レッドブル・ジュニアチームのメンバーだったガスリーは、2017年第15戦マレーシアGPでトロロッソからF1デビューを果たした。翌2018年に同チームからF1にフル参戦した後、ダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格した。しかし十分なパフォーマンスを発揮することができないまま、12戦を走った後、トロロッソに舞い戻ることになった。

ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

 今シーズン後半、ガスリーは同様の経験をしたダニール・クビアトと組むことになる。2014年にトロロッソでF1にデビューしたクビアトは、2015年にレッドブルのレギュラードライバーに起用されたが、2016年第5戦からトロロッソに降格された。2017年アメリカGPの後、チームを離れたクビアトは、今年、呼び戻されて再びトロロッソと契約した。