VWティグアンががらっとイメチェン! 次世代型は「クーペSUV」の可能性も!?

●2種類のPHVも投入か?

VWのコンパクト・クロスオーバーSUV、「ティグアン」が次世代型で大きな路線変更される可能性があることがわかりました。

VW クロスブルー コンセプト_006
VW クロスブルーコンセプトのリアスタイル(予想図)

ティグアンは、2006年に市販型に近い「コンセプト・ティグアン」を初公開。2008年には日本仕様が発表され、ミッドサイズSUV「トゥアレグ」に続く同ブランド第二弾SUVとして同年9 月に発売。2016年にはコンパクトな本格クロスオーバーSUVデザインを継承する現行型が登場しています。

VW クロスブルー コンセプト_003
VW クロスブルーコンセプトのフロントアングル(予想図)

英「Auto Express」誌によると、次世代型ではアグレッシブなルーフラインを持つ「クーペSUV」が予想されるといいます。実は2015年終わりにも、ティグアン「クーペ」の噂が立っており、2019年、あるいは2020年に派生モデルとして現行型に設定されるとも伝えられていました。しかしこの最新情報によると、どうやら派生モデルとしてではなく、ティグアンそのものがクーペSUVに進化する可能性があるようです。プラットフォームには最新世代の「MQB」を採用、最高出力170hpと250hpを発揮する2種類のプラグインハイブリッドの設定などが予想されるといいます。

ティグアン次世代型の登場は2022年にも期待ができそうです。

(APOLLO)