「ホンダジェット」、2019年上半期にカテゴリートップのデリバリー数を達成

ホンダの航空機事業子会社である「ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company)」(以下HACI)は、「ホンダジェット」の2019年上半期(1月~6月)のデリバリー数が17機を記録し、小型ジェット機カテゴリーにおいて、2017年と2018年に続き世界第1位を達成したことを発表した。

現在運用されているホンダジェットは世界で130機に

 2019年上半期は、HACI本社(米国ノースカロライナ州グリーンズボロ)において「ホンダジェット・エリート」の主翼の組み立ておよび各種スペアパーツなどを格納する新ハンガーの建設が開始。また、直近では現地時間の8月5日に中国における型式証明を取得した。

写真左から「ホンダジェット・エリート」、「ホンダジェット」、「ホンダジェットAPMG」

 ホンダジェット・エリートは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体などのホンダ独自開発技術により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、航続距離、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。ホンダジェットは現在、北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、インド、中東、および日本で販売されており、世界中で130機以上が運用されている。

 HACIの藤野道格取締役社長は次のようにコメントしている。

「2017年と2018年に続き、2019年上半期も世界No.1デリバリーを達成でき、大変うれしく思います。今回のマイルストーンは、ホンダジェットの先進技術や洗練されたデザインだけでなく、お客様への最高レベルのサービスのご提供によって達成されたものだと考えています。今後も、ホンダとしてビジネスジェット業界に新価値を創造していきたいと思います。」