日本精工:湘南ヘルスイノベーションパークでのオープンイノベーションへの取り組みについて

 日本精工(NSK)は、製薬メーカー及びその関連の機器メーカーや研究機関が集結している湘南ヘルスイノベーションパークのエコシステムに参画し、最先端の研究者やベンチャー企業との協業を通じてイノベーション創出を図っている。湘南ヘルスイノベーションパークには生化学実験エリアに入居し、細胞レベルの微小な対象物の操作が可能な改良型のマニピュレーションシステムのデモンストレーション実施や試用を働き掛け、バイオ医療に貢献していく。

 NSKは近年、米国のシリコンバレーや欧州にオープンイノベーションの拠点を設立し、ベンチャー企業との協業を探索するほか、最先端の研究を行う日米欧の大学との共同研究を行うなど、国内外の最先端の研究機関や異業種の多様な知見、情報、技術を融合させて、今後のイノベーションや新たなビジネスチャンスを創出している。1916年に日本初の軸受メーカーとして創業して以来、100年以上にわたり産業分野の研究に取り組み、品質の向上と新技術の追求に力を注いできた同社は、軸受で培った基盤技術である「トライボロジー」「材料技術」「解析技術」「メカトロ技術」の4つのコアテクノロジーを磨き上げることで、自動車部品、精密機器製品などでの多くの画期的な製品で社会に貢献していく。

湘南ヘルスイノベーションパークの外観