後期13B-Tと5速MTを換装した“広島ベンツ”。当時は存在しなかった仕様がカタチになった!【ManiaxCars】

後期13B-Tと5速MTを換装した“広島ベンツ”。当時は存在しなかった仕様がカタチになった!【ManiaxCars】

こんな快速ロータリーセダンの復活を希望!

外装は基本ノーマルなのがオトナだ

V6レシプロNAとロータリーターボの二本立てで展開していた最後のルーチェHC型。V6モデルにはちゃんと5速MTが用意されてるのに、ロータリーモデルはなぜか4速ATだけという謎すぎるラインナップに加え、肝心の13B-Tも低圧縮比のFC3S前期型に準じたモノが搭載されていた。

おそらく、マツダの思惑としては「5速MTで最新ロータリーに乗りたいならセブン買ってちょーだい!」ってことだったんだろうけど、現実的には諸事情でどうしても4ドアセダンでなければならない人だっていたわけで。

そんな4ドア派ロータリー乗りの理想をカタチにしたのが岐阜のグローバル。お客さんからのリクエストでルーチェにFC3S後期型の高圧縮比13B-Tを載せたのだ。前期型との違いは、高圧縮比ローター(8.5→9.0:1)や、機械式から電気式に変更されたメタリングオイルポンプの採用など。結果、最高出力は185psから205psに、最大トルクも25.0kgmから28.0kgmに向上している。

「エンジン制御にはFC3S後期型のECUを使ってるんで、見た目はルーチェだけど中身はセブンといっしょやね」とグローバル代表の永井さん。

また、ボンネットの裏には純正でエアガイドを装備。フロントグリル上部から効率よく走行風を導いて、トップマウント式インタークーラーの冷却性能を最大限に引き出す。

さらに、後期型13B-Tと併せて換装されたのがFC3S用5速MT。ペダル類は5速MTが設定されてたV6モデルから流用している。

当時、ロータリー搭載モデルは4速ATでしか乗れなかったから、泣く泣く購入を断念した人も多かったと想像するけど、20数年の時を経て、「5速MTでロータリーのルーチェに乗りたい!」という夢がついに現実になったのだ。

…と、中身がかなりスゴイことになってるのに、ホイールはあえての純正15インチで、ノーマルにしか見えないところが実にイヤラシ…いや、なんともオトナなイジリ方だ。

一方の内装は、ステアリングをナルディクラシックのウッドリムに、シフトノブをオーナー自作のウッドタイプに交換。純正ウッドパネルとのコーディネイトが図られる。横長のメーターパネルには右からタコメーター、スピード、燃料計、電圧計、水温計が並ぶ。

また、エンジンのコンディションをリアルタイムかつ正確に把握するため、追加メーターも装着される。ステアリングコラム上にブースト計、センターコンソールには水温/油温/油圧計がセットされるんだけど、いずれも大森製ってのがシブイ!

マフラー交換されてるけど、音質は基本的にジェントル。ところが、右足に力を込めていくと3500rpmを超えたあたりからタービン過給音が大きくなり始め、ロータリーサウンドも明確になってくる。5速MTのカッチリしたシフトタッチが心地いい。足回りには純正形状のビルシュタイン製ダンパーが組まれ、しなやかにして芯があるハンドリングと乗り心地を提供してくれる。

ピュアスポーツもいいけど、一方でロータリーを載せたちょいユルめの4ドアサルーンは絶対にアリ。もしマツダが出してくれたら、それに食いつくオジサンが続出しそうな予感!

■SPECIFICATIONS(※数値はベース車のもの)

車両型式:HC3S

全長×全幅×全高:4690×1695×1395mm

ホイールベース:2710mm

トレッド(F/R):1440/1450mm

車両重量:1450kg

エンジン型式:13B-T

エンジン形式:2ローター+ターボ

ボア×ストローク:―――

排気量:654cc×2 圧縮比:8.5:1

最高出力:180ps/6500rpm 最大トルク:25.0kgm/3500rpm

トランスミッション:4速AT

サスペンション形式(F/R):ストラット/マルチリンク

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ:FR195/65R15

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎

●取材協力:グローバル 岐阜県羽島郡岐南町平成2-105 TEL058-374-8838