ロータスが英プレミアリーグ「ノリッジ・シティFC」の公式パートナーに。新ロゴにも注目!

ロータスが英プレミアリーグ「ノリッジ・シティFC」の公式パートナーに。新ロゴにも注目!

ウェアも施設名もサインボードもロータス一色

ロータスは、英国プロサッカーリーグの「ノリッジ・シティ・フットボールクラブ」と複数年にわたるグローバルスポンサーシップを提携すると発表した。

同クラブの誇る最先端のトレーニング施設の名称が「ザ・ロータス・トレーニング・センター」、新設したばかりのアカデミーは「ザ・ロータス・アカデミー」に変更される。選手が羽織るウォークアウト・ジャケットや、U23からU9までのアカデミーの生徒たちが着るシャツ、プレミアリーグ戦の際にピッチサイドで用いるデジタルボードも“ロータス色”となる。

ロータス_ノリッジ・シティFC_パートナーシップ_トレーニングセンター前イメージ1

シンプルで軽やかになった新ロータスのロゴもお披露目

今回のブランディングには、ロータス最新のCIが使われている。サイモン・クレアによると「オリジナルのロータスのエンブレムに改めて目を向けるとともに、シンプルで軽量であることを求めたコーリン・チャプマンの哲学に鑑み、軽やかで余計なもののない新ロゴにたどり着きました」

ロータスは先月世界初のフルEV英国製ハイパーカー、エヴァイヤを発表するなど、世界へ向けて積極的な発信を行っている。同車は、ロータスの本拠地でありノリッジ・シティFCの拠点でもあるノーフォーク州でデザインされ、設計及び生産される。同社が今後プロダクトレンジを拡大し、グローバルなプレミアム・パフォーマンスカーブランドとして歩を進めていく第一歩となる重要モデルだ。

ロータス_ノリッジ・シティFC_パートナーシップ_ロゴアップ

闘いから生まれたブランド同志

ロータスのグローバルマーケティング部門エグゼクティブ・ディレクターのサイモン・クレアは言う。

「ロータスは、パフォーマンスと戦いから生まれたブランドです。今回の提携は我々互いにとって完璧なものです。その身を捧げ、情熱を注ぎ、集中して仕事へ対峙し、勝利を獲得する思考法をもつこと。成功はその後についてくる。そういうコアバリューを共有してまいります」

ノリッジ・シティFCのベン・ケンセルCOOはこう語る。

「ノーフォークのみならず、英国中、世界中で有名な自動車界の象徴的なブランドとパートナーシップを結べたのは、とても重要なこと。今まさに新しい未来へ向けて歩き出しているロータスと、盛り返しの最中にある我々が手を組めたことはとても光栄です。アカデミーの若者たちも多くの人々に愛されてきたロゴマークをまとったシャツを、きっと誇らしい気持ちで身につけることでしょう」

ロータスとノリッジ・シティFCは、今回のパートナーシップ締結にあたりユニークなムービーを公開中。同クラブオーナーのデリア・スミスと元選手のダレン・ハッカビーも出演している。

新たにロータスカラーをまとったノリッジ・シティFCは、プレミアリーグ2019-2020の開幕試合として、日本時間8月10日午前4時にアンフィールド・スタジアムでリバプールと対戦する。