「進化をやめないマルシェWRX STI(VAB)デモカー」新開発の車高調で走りをさらに磨き上げる!

「進化をやめないマルシェWRX STI(VAB)デモカー」新開発の車高調で走りをさらに磨き上げる!

パワフルなエンジンに新型車高調の組み合わせでVABを鍛え上げる!

登場から5年間をかけて進化を続ける1台

スバルのお膝元である群馬県にショッップを構えてから、今年で30周年を迎えたカーステーションマルシェ。GC8インプレッサの登場以来一貫してスバル車に力を入れ続け、現在では入庫車の約8割がスバル車という日本でも屈指のエキスパートショップとなっている。

そんなカーステーションマルシェがデビューと同時にデモ車として導入し、約5年かけて戦闘力を高めてきたのが現行VAB型WRX STI。ベース車両を徹底的に見極め、弱点の補強と長所の引き延ばしで、トータルパフォーマンスの底上げを図っている。

エンジンはHKSのストローカーキットにより2.2Lへ排気量アップされ、タービンはGTIII-RSという仕様。燃料系の容量アップも図られて、ECU-TEK制御により、ブースト1.6キロの設定で400psを獲得している。

今回注目したいのは、テインと共同開発を行った新型の車高調整式サスペンション“MONO RACING”(19万8000円)。コンセプトはずばり、本格的なサーキットスペックをエントリーモデル並みの価格で実現するというもの。そのためスプリングレートはフロント14kg/mm、リヤ16kg/mmとハードだが、ダンパーの減衰力設定によりしなやかさも併せ持っているのが特徴になっている。

さらに、ハイエンドモデルSUPER RACING譲りのキャンバー・キャスター調整式ピロアッパーマウントが標準で付属。マルシェのアドバイスで、従来よりもキャスター調整幅は大きく設定されている。

高性能サスペンションのパフォーマンスをフルに引き出すためのボディ補強パーツも、カーステーションマルシェが得意とするところ。VABの弱点であるリヤメンバーのゴムブッシュをリジッド化する“メンバー合体くん”の他、フロントロアアームには“メンバー筋金くん”を装着して、気持ち良い走りを生み出しているのだ。

足元を飾るホイールはボルクレーシングZE40でフロント10J×18+39、リヤ9.5J×18+45の設定。タイヤはラリーターマック用ディレッツァ94Rで、前後255/40を装着。なお、フロントはバリスのワイドフェンダー装着前提のサイズだ。

ブレーキは、17インチホイールへも対応する6ポットキャリパーに340mmの2ピースローターを組み合わせた、マルシェオリジナルのエンドレスブレーキキット。現在リリース中のものは新ロゴ、新カラー仕様だ。

この他にもチューニングカー用に開発された高機能HUDや、手軽で軽量効果バツグンのリチウムイオンバッテリーなど独自の視点でチョイスしたパーツも、拘りのスバル車オーナーにとって見逃せない要注目アイテムと言えるだろう。

●取材協力:カーステーション マルシェ 群馬県前橋市亀里町1224 TEL:0247-265-6789