「“手軽“&“ユーザー目線”をテーマに仕上げられた86(ZN6)チューンド」ノーマルエンジンに拘った車検対応サーキットスペック!

「“手軽“&“ユーザー目線”をテーマに仕上げられた86(ZN6)チューンド」ノーマルエンジンに拘った車検対応サーキットスペック!

ノーマルエンジン+ラジアルで富士2分切りを目指す!

ユーザー目線をコンセプトにスペックアップを図る

86/BRZに対するチューニングアプローチは多種多様に進化している。例えば、ハイパワーを望めば排気量アップのメニューも豊富に揃い、ターボやスーパーチャージャーといった過給機も選び放題。しかし、ストリートで楽しむユーザーの大多数はフルチューンまでを求めることも少ない。そんなユーザーのニーズを汲み取りつつ、手軽なパフォーマンスアップを提案しているのがタイヤプロショップ・アリーナだ。

デモカーは、通勤から週末のドライブまで気軽に使えるチューニングカーをコンセプトに製作をスタート。新車導入時からオリジナルアイテムの開発・装着を実行して行ったのだ。この第一段階をさらに発展させ、現在はストリートマシンとして富士スピードウエイでのタイムアタックにもチャレンジしている。

もちろんフルチューンのサーキットマシンへと進化させたのではなく、ノーマルエンジンのままコンピュータのセッティングや足回り、空力対策などに手を加える程度でどのレベルまでタイムを伸ばせるかが目標のひとつだ。タイムアタックとは言っても一般ユーザーのお手本になるべく、コストパフォーマンスを最大限に考慮したコンセプトを継続していることは見どころだ。

現在の仕様は、オリジナルパーツとしてラインアップするビッグスロットルと、バンパー下部から走行風を直接導入できるように設計されたインテークボックス、フラッシュエディターによるコンピュータのリセッティングが主なチューニングメニュー。

タイヤは富士スピードウェイを走ったままのためアドバンA052を装着。コーナーでの安定性を考慮してフロントには265/35R18を組み合わせる。

サスペンションはHKSハイパーマックスⅣ SPをセット。基本的には市販品のままながら、減衰力やスプリングレートは富士用にセット。アームは、ロワアームとテンションロッドが一体のイケヤフォーミュラ製を導入。テンションロッド側のピロの向きが純正から90度変更され、トー変化を抑制する向きなのがミソだ。

モノブロックのエンドレス4ピストンキャリパーで前後のブレーキ容量をアップ。メンバーブレースやピロアームはクスコ製だ。ただ、ロワアームは車高調のストロークアップのために、トラクションロッドはブラケットを追加することでアームの動きをホイールベース方向から上下方向へ適正化できる理由でGPスポーツを選ぶ。

ストリート仕様をメインコンセプトに据えているため、GTウイングなども車検対応サイズにこだわる。各部ともに特別なパーツは一切使わず、市販される部品を組み合わせているのは特徴のひとつだ。

さらにアライメントセッティングやフロアをフラット化するなど、ストリートでもそのまま使用できるモデファイを敢行。この仕様で、現在のベストタイムは富士スピードウエイを2分ジャスト。今後はさらに空力対策を強化することで、2分切りを目指しているとは代表の榎本さんのコメント。

過激なチューニングだけでなく、ノーマル+αでも十分にスポーツ走行が楽しめる86/BRZ。このキャラクターをさらに際立たせるのが、アリーナが目指すチューニングというわけだ。

●取材協力:タイヤプロショップ アリーナ 愛知県津島市神守町字古道46番 TEL:0567-28-8830