ポルシェ911GT3誕生から20年。モータースポーツと直結したロードゴーイングモデルが刻んだ歴史

ポルシェ911GT3誕生から20年。モータースポーツと直結したロードゴーイングモデルが刻んだ歴史

Porsche 911 GT3

ポルシェ 911 GT3

ポルシェのモータースポーツ活動を体現したモデル

モータースポーツ参戦車両に最も近い、純粋なロードゴーイングスポーツカー。ポルシェ 911 GT3は6世代に渡って世界中のエンスージアストに愛され続けている。

1999年3月、ジュネーブ・モーターショーにおいてポルシェは初の911 GT3を発表。これまでの911シリーズとは異なり、911 GT3はポルシェ・モータースポーツそのものを体現したモデルだった。

WRC王者、ワルター・ロールが開発に参加

初代の911 GT3は、タイプ996の911をベースに、2度のWRCチャンピオンに輝いたワルター・ロールやレースエンジニアのローランド・クスマウル、ヴァイザッハのポルシェ・スペシャリスト達によって開発された。

それ以来、公道上のアスリートはどの世代でもスピードを増し、シャープなハンドリング、ダイナミックな動力性能を磨いてきた。自然吸気エンジンとリヤ駆動というコンセプトを変えず、現在までポルシェで最も人気の高いモデルのひとつであり続けている。

そして、911 GT3はモータースポーツにおける栄光の歴史も紡いできた。世界中のスプリントレースにおけるクラス優勝に加え、スパ24時間やデイトナ24時間などの耐久レースでの総合優勝、特にニュルブルクリンク24時間では2000年から7回もの勝利を手にしてきた。

生産された911 GT3の80%がサーキットで使用

911 GT3がここまで成功を収めてきた理由のひとつとして、モータースポーツでの経験や技術開発が常にロードバージョンの開発に組み込まれてきたことにある。911 GT3の全生産モデルのうち約80%が今もサーキットで使われていることも、その事実を裏書きしていると言えるだろう。

初代911 GT3は、1970年代の伝説的な911カレラRS 2.7の伝統を受け継いたモデルとして、21世紀目前の1999年に登場した。リヤに搭載された水冷3.6リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力265kW(360ps)を発揮。ジュネーブでの発表後世界中で話題を呼び、公道仕様のスポーツカーとしてのベンチマークを確立した。この「GT3」の名称は、現在ではFIAが管轄するGT規定にも採用されている。

911 GT2からキャリーオーバーされた6速MT

快適性能よりも軽量化を重視。911 GT3はエンジンだけでなくシャシーもサーキット走行を想定して鍛えられ、車高は30mmローダウン、ブレーキ性能も大幅にアップした。911 GT2からキャリーオーバーされた6速マニュアルトランスミッションを採用。ギヤ比、足まわりのジオメトリー、アンチロールバーとスプリングレート等は、サーキットのコンディションに合わせて変更できる。

外観上の最も大きな違いは固定式リヤウイング。オプションとしてボルトオン・ロールケージを含むクラブスポーツ仕様を選択することも可能だった。

911 GT3の最初のモデルは、1999年5月にヴァイザッハの生産ラインからロールオフ。モータースポーツのホモロゲーションベースとして911 GT3カップも大成功を収め、さらに過激なスペックが与えられた911 GT3 Rや GT3 RSRは、GTレースで素晴らしい結果を残すことになった。

エンジンを鍛え、進化を続けてきた「GT3」の系譜

2003年に投入された後期型(996.2)では、チタンコンロッドの採用などで約2kgの軽量化を実現したうえ、可変バルブ機構の採用などによって最高出力280kW(381ps)に進化。3年後の2006年、最高出力305kW(415ps)を搭載した997型911 GT3(997.1)がデビューする。そして、この世代からポルシェ・アクティブサスペンションマネジメント(PASM)を初採用した。

2009年に登場した911 GT3(997.2)は、6気筒ボクサーエンジンの排気量を3.8リッターに拡大し、最高出力は320kW(435ps)にパワーアップ。完全新設計されたリヤウイングとフルアンダーボディパネルの採用により、ダウンフォースレベルは初代と比較して2倍以上にまで増加している。

トランスミッションにPDKを初めて採用

2013年、ポルシェ 911の50歳の誕生日に、エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーが完全刷新された第5世代型となる911 GT3(991.1)がジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアを果たした。

350 kW(475ps)を発揮する3.8リットル水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載。これにポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)、つまりデュアルクラッチトランスミッションが911 GT3としては初めて組み合わせられた。991.1型911 GT3はニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのタイムアタックで7分25秒を記録。これは初代から30秒以上もタイムを縮めたことになる。

現行型で復活した「ツーリングパッケージ」の名称

911 GT3の最新モデル(991.2)は2017年にデビュー。6気筒ボクサーユニットの排気量は4.0リッターに拡大し、最高出力は368kW(500ps)にまで進化。PDKに加え、再びマニュアルの6速トランスミッションを選べるようになった。

さらに現行モデルでは、固定式リヤウイングが可変式リヤウイングに置き換えられて控えめなエクステリアを纏う「ツーリングパッケージ」のオーダーも可能。この「ツーリングパッケージ」という名称は、1970年代の911カレラRS 2.7のダウンスペック仕様にも使われていた由緒あるものだ。