レッドブル・ホンダF1のガスリー「突然僕だけペースが低下した」と困惑。原因究明のためチームの協力求める

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、自分が満足いくペースを一貫して発揮することができない理由を知るために、チームと共にじっくり分析したいと語った。

 2019年F1ハンガリーGPで、ガスリーは金曜は順調に思えた。しかし予選ではチームメイトのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得したのに対し、ガスリーは6番手にとどまり、タイムも0.878秒も遅れを取った。決勝でも挽回することができず、2位のフェルスタッペンに周回遅れにされ、6位でフィニッシュした。

「今週末は出だしはとても好調だった。でもFP3からペースを失い、グリップ不足に苦しむようになった」とガスリーはレース後に語った。

「状況は予選でも変わらず、苦労し、最大の結果を出すことができなかった。トップ争いができるだけの、同等の速さがなく、(レースでも)同じことが続いた」

2019年F1第12戦ハンガリーGP決勝スタート直後のピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第12戦ハンガリーGP決勝スタート直後のピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

 今シーズン、トロロッソからレッドブルに昇格したガスリーは、チームや自分自身が求めるようなパフォーマンスを発揮できずにいる。イギリスGPでは4位を獲得、ついにスランプを脱したかと思われたが、その後のドイツ、ハンガリーの2連戦は再び不本意な結果に終わった。

 ハンガリーでなぜフェルスタッペンとのペースの差がこれほど大きかったのかを探るため、ガスリーはチームとともに改めて分析を行いたいと語った。

「分析する必要がある。金曜にはまずまずのペースがあったんだ」とガスリー。

「もちろんマックスも(金曜の)ペースはよかったが、僕らの方はFP3からペースが大幅に落ちてしまい、グリップを得られずに苦しんだ」

「今必要なのは、チームの皆とじっくり話し合うことだと思う。協力し合って、何がよくなかったのか、理由を見つけ、スパには強くなって戻ってくる必要がある」

「(レッドブルRB15に対して)自信を持てる時もあれば、その自信がどこかにいってしまうこともある」

「感覚にもっと一貫性を持たせるための解決法を見つけたい。次のグランプリまで2、3週間あるから、その時間を利用して、チームとともにいろいろなことを理解し、速かった時、そうでなかった時の理由を見つけ出す。次のレースでは必ず強さを発揮したいと思っている」