ベントレー、12万匹のミツバチとの甘い関係。環境負荷を減らすための新たな試み

ベントレー、12万匹のミツバチとの甘い関係。環境負荷を減らすための新たな試み

12万匹のセイヨウミツバチをクルーで飼育

ベントレー・モーターズの本拠地である英国・クルーでは、100年間にわたってフライングBのエンブレムをボンネットに飾るモデルを製造してきた。そして、新たな生物多様性への取り組みとして、12万匹の「フライング・ビー(flying bees:空飛ぶ蜂達)」の飼育が話題を呼んでいる。

地元の養蜂家のサポートを受けて英国で生まれた合計12万匹のセイヨウミツバチのため、ふたつの英国産巣箱がベントレーの敷地内の草原に設置された。このエリアにはミツバチが好む花が数多く植えられており、ミツバチの生育に適したチェシャー州の田園地帯にも隣接しているため、養蜂に最適な環境であることが分かっている。

環境負荷を減らすための新たな試みのひとつ

ベントレー製造担当取締役ペーター・ボッシュは、今回の試みについて次のように説明している。

「ピムズ・レーン(ベントレー本社)沿いの敷地には80年以上の歴史がありますが、私たちは常に環境への負荷を改善し、カーボンニュートラルな操業という目標を達成する方法を模索しています」

「当社の敷地内にはすでに英国最大のソーラー・カーポートがあり、ここで使用する全電力は、太陽光発電か認定済みグリーン電力で賄われています。そこで私たちは、この敷地を利用して地域の生物多様性を高めるための方法についても調査を始めたところです」

夏の終わりには15kgもの蜂蜜を収穫予定

現在、英国でもミツバチの個体は減少傾向にあり、その対策として今回の「フライング・ビー」プログラムがスタートした。

「英国ではミツバチの個体数が減少していますし、生物多様性を高めるために当社敷地の一部を利用してふたつの巣箱を設置することは理に適っていると言えるでしょう」

「私たちの『フライング・ビー』は、50年以上の経験を持つ地元の養蜂家の手で繁殖されてきたミツバチです。彼らの助けを借りながら、私たちは毎週それらをチェックしています。そして、彼らがすでに最初のベントレー産蜂蜜を作り始めていることを見られるのは素晴らしいことです」

夏の終わりにはベントレーのミツバチが集めた最初の蜂蜜を収穫できそうだ。それぞれの巣箱からは15kgもの蜂蜜がとれると見込まれている。つまり、300g入りの蜂蜜が約50瓶生産できることになる。