ラッセル、自身の去就についての明言を避ける。「政治的なことはメルセデスとウイリアムズF1に任せている」

 ウイリアムズF1のジョージ・ラッセルは自分の仕事に集中しており、自身の将来に関連する政治的な部分は、ウイリアムズとメルセデスに任せると語っている。

 メルセデス傘下のドライバーであるラッセルは、今シーズン末でメルセデスがバルテリ・ボッタスを放出する決断をした場合、彼の後任候補になると見られている。

 しかし21歳のラッセルはメルセデスへの移籍を期待してはいない。メルセデスはリザーブドライバーとしてエステバン・オコンも抱えており、彼も2020年のドライバー候補となっているからだ。

「どのドライバーも、選手権で勝利できるマシンをドライブするチャンスを欲していると思う。そのチャンスを掴まないなんて、まったくばかげている」とラッセルはメルセデス移籍の可能性について語った。

「僕は今ここでの仕事に、完全に集中している。政治的なことはメルセデスとウイリアムズで話し合ってもらうことにするよ」

「ただ、もし選手権で勝てるマシンに乗りたければ、僕が集中する必要があるのは、今ある仕事をすることだ」

「事実として、僕はウイリアムズと契約していて、メルセデスのジュニアドライバーだ。このふたつの事実がある。契約的なことの核心については、あまり興味がない」

「僕としては、ここウイリアムズで多くのことを学んでいる。F1ドライバーであることや、開発プロセスなどすべてのことを、フルに楽しんでいるんだ。でもすべてのドライバーがレースで勝ち、タイトルを獲得したがっているのも事実だ」

「僕がタイトルを取れるマシンに乗りたいと言ったからといって、ウイリアムズ側が無礼だと思ったり、気分を害したりすることはないと思うよ。だってそうしたくないドライバーなんていないだろう?」

 メルセデスへの昇格についての話し合いが行なわれているのかどうか尋ねられたラッセルは明言は避けたものの、その可能性はわずかだろうと考えている。

「本当のところ、メルセデスはみんなに目を向けている。バルテリ、エステバン、僕などにね。僕たちは皆メルセデスのドライバーだ」

「個人的には、可能性はとても低いと思う。でもF1では常にあらゆることが起こり得る。このスポーツは日ごとに変わっているし、そのことは誰もが常に目にしてきた」

「それ以上のことは、あまり話したくないな」