【どうすればいい?】うっかり車検の期日を過ぎちゃった!「ちょっとだけだから走ってもいいかな」は絶対NGです【保険/車検のミニ知識】

■車検切れでの公道走行は絶対NG! 1か月前になったら受けるのが基本

車検はクルマを長く保有していると必ず受けなければならないものです。しかし、うっかりしていると有効期限を忘れてしまい、気づいた時には車検切れになっていた、ということがあるかもしれません。

もし、車検の期日を過ぎてしまった場合どうすればいいのでしょうか。元レクサスディーラーの営業マンがお教えします。

●じつは車検はいつでも受けられるって、知ってましたか?

車検期限の表記シール

車検は新車の場合3年間、その他は2年間の有効期限があります。じつは、車検を受けることはいつでも可能です。ただし、有効期限が1か月以上残っている状態で継続検査を受けてしまうと、その時点から2年間の有効期限となり、残っていた車検有効期間が無駄になってしまいます。

車検満了日が変わらず、有効期限を無駄にしないためには、車検満了日の1か月前から満了日当日までに受けましょう。例えば9月15日に車検満了を迎えるクルマでは、8月15日以降に車検整備をして、適合確認を取り、申請を行えば、次の車検満了も2年後の9月15日となります。

●無車検運行は赤切符! 自賠責保険も切れていたら罪はさらに重くなる

車検の有効期限を過ぎてしまったからといって、突如クルマが動かなくなるわけではありません。しかし、車検が切れた状態では、絶対に公道を走ってはいけません。

車検切れで公道走行をした場合、無車検運行となり、道路運送車両法違反として処罰されます。違反点数6点、30日間の免停、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。軽微な交通違反をした場合の青切符ではなく、無車検運行は赤切符で行政処分の対象となると聞けば、その罪の重さが認識できると思います。

また、車検切れの場合、強制保険である自賠責保険の保険期間も満了していることがほとんどです。無保険運行も重なると、違反点数12点、90日間の免許停止、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金が課せられ、罰則はより重くなります。この状態で人身事故を起こすと、一発で免許取り消しとなります。物損事故の場合でも無車検のクルマには任意保険が適用されませんので、損害の全てを自らが補填する必要があります。絶対に車検切れの状態での走行はしないでください。

●車検が切れたら業者やディーラーに相談するのが安心

車検が切れてしまった場合は、居住地域の車検代行業者か、自動車ディーラーに相談しましょう。車検切れのクルマでも、きちんと受け入れてくれます。

電話連絡を入れて整備予約を取る際は、車検切れの状態であることを伝えましょう。日時の融通はきかないかもしれませんが、レッカー車やローダー車でクルマを取りに来てくれますので、整備工場へ預けることができます。

レッカーされるクルマ

●自走するには仮ナンバーが必要。自賠責保険も忘れずに

仮ナンバー

自分の力で車検を通す場合や、整備工場まで運ばなければいけない場合は、仮ナンバーの申請を行います。仮ナンバーは、お住いの地域の市区町村役場で発行してもらうことができます。仮ナンバーの発行に際しては、車検証・運転免許証・印鑑・保険期間が有効な自賠責保険証が必要になります。

手元にある自賠責保険が切れている場合、保険代理店で1か月単位の加入ができるます。しかし、自賠責保険は、1か月という短い期間で加入すると、2年分まとめて加入する場合よりもかなりの割高になってしまいます。仮ナンバー取得後に車検を通すのであれば、車検有効期間プラス1か月(25か月)分の加入をしてしまい、車検取得時にも利用できる自賠責保険証とすることがおすすめです。

仮ナンバーの申請をする際には、車両を「いつ」「どこからどこまで」「どのような用途で使うのか」を申請する必要があります。申請に不備が無ければ、その場で仮ナンバーは発行されますが、有効期限が非常に短いので、速やかに車検を受けに行く必要があります。

●まとめ

繰り返しになりますが、車検切れのクルマに乗ることは、重大な法令違反になります。車検が切れてしまったら動かさないのが大原則であり、再び車検を取る場合はレッカー車等で運んでもらうか、仮ナンバーを取得するなど、面倒な手間がかかります。

車検の期限はフロントガラスのステッカーや車検証に記載されていますので、しっかりと確認しておいて、うっかり車検切れとなること防ぎましょう。

(文:佐々木 亘)