「フルチューンRB26を搭載するZ31フェアレディZ!」名手による各部の美しいセットアップには注目だ

「フルチューンRB26を搭載するZ31フェアレディZ!」名手による各部の美しいセットアップには注目だ

RB26改2.8Lを搭載するサーキット周回仕様

各部の美しい仕上がりにも注目!

山梨県にあるカーショップポルシェ。代表の藤本さんは、JUNオートメカニックでの修行時代に名だたるチューニングカー製作に携わってきた名手だ。

その藤本さんが手がけるPZ31フェアレディZは、元々RB20DETエンジンが搭載しれていたモデル。このエンジンをRB26改2.8L仕様に換装し、サーキットを周回できるようセットアップを進めている最中だ。

「予算の関係から大きく3回に分けてチューニングをしているクルマで、今はまだ2段階目のチューニングが終わったところです。そのため、まだターボはR33GT-RのN1純正ですしインジェクターもノーマル。今後はビッグシングルターボにして、きっちり作り込む予定です」と代表の藤本さん。そう言いつつも、Z31の細部は現段階で非常に高いクオリティで仕上げられている。

例えばインタークーラー。Z31のラジエターはノーズを低くするためにノーマルでも斜めにマウントされている。このラジエターの独特のマウントを利用して、インタークーラーを下側へ水平に取り付けてVマウント化しているのだ。また、左右のダクトの奥にはツインオイルクーラーも装備し、ラジエターだけ大容量のものへ交換すれば夏場のサーキットでの水温対策も万全になる予定だ。

なお、エンジンは本体からハーネスまでBNR32から移植したRB26がベース。JUNの2.8Lキットを組み込み、今後、行うビッグシングルターボ化を見据えた強化パーツが各部に組まれている。現時点ではまだインジェクターもノーマルのためパワーは約450psだ。

Z乗りらしい発想で240Zなどを彷彿とさせる縦デュアルマフラー。横向きのデュアルサイレンサーのテールパイプにひねりを加えている。装飾のないエンドパイプも当時風だ。

アニバーサリー仕様をよりワイドにしたようなフェンダーには、後々ハイパワー化しても対応出来るよう295サイズのタイヤに合わせられている。

室内は、オーディオやナビ、エアコンなどの快適装備もフル搭載。デフィの追加メーターもセンス良くインストールされている。エンジンを制御しているコンピュータはF-CON Vプロの最新バージョンを使用する。

足回りは、ZEALファンクションをベースにしたオリジナル車高調を組み、ブレーキまわりもエンドレスの6ポッドキャリパーで強化済み。そして前後に履くタイヤは295/30R18のアドバンA050と、将来像が見えるセットアップだ。

 スペック

■エンジン:RB26改2.8L換装/R33 N1ターボ×2/JUN2.8Lキット、強化オイルポンプ、強化ヘッドボルト、強化クランクキャップ、ハイカムステージ2/水平マウントインタークーラー/HKS F-CON VプロVer4.0/BNR32 ECCSハーネス&CPU移植/ワンオフ縦デュアルマフラー ■ドライブトレイン:エクセディカーボンツインクラッチ/FS5R30Aミッション ■フットワーク:ジールファンクションポルシェスペック/エンドレスチビ6/326mmローター ■タイヤ&ホイール:アドバンA050(FR295/30R18)/ボルクレーシングZE40(11J) ■インテリア&エクステリア:レカロSR6、SR3/デフィメーター各種/ZR2・Tバールーフ除去(ZR1ルーフ移植)/アニバーサリー仕様エアロ一式/Zブラックバードリヤカーボンスポイラー

●取材協力:カーショップポルシェ 山梨県南アルプス市東南湖252-2 TEL:055-284-0813