「RX-8スピリットRを新車からターボチューンで育成!」上質なストリートスペックを目指した1台

「RX-8スピリットRを新車からターボチューンで育成!」上質なストリートスペックを目指した1台

スピリットRをT618Zボルトオンターボで武装!

速さだけでは語れない質の高さを追求する

ここで紹介する車両は、これまでBCNR33GT-Rでドラッグレースを目指していたというオーナーが、アバンス名東と二人三脚で製作を進めたストリートチューンドだ。

コンセプトは、質感の高いストリートカーとして楽しく走れてオシャレに乗れるというもの。というのも、現在も所有するGT-Rは、“やるだけやる”という勢いでチューニングを重ねた結果、気がつくと快適装備は失われ、最終的にはナンバーなしの競技仕様となってしまった経験があったからだ。

ベース車に関しては、当時、新車で販売されていたスポーツカーを吟味。86とRX-8を天秤にかけた結果、最後のロータリーになるかもしれないRX-8の最終型、スピリットRを選択した。

13B-MSPエンジンは、トラストのボルトオンターボキットでドーピング。タービンはT618Zで、風量的なキャパシティとしては300〜350psも可能なサイズだが、ノーマルエンジンに負担なく装着できる範囲ということで、キット推奨のブースト圧0.5キロに設定。実測265psという仕様だ。RX-8の実質的なノーマル出力が200ps程度のため、パワーアップ率はハンパではない。

燃調など制御に関しては、キットに付属するeマネージアルティメイトをそのまま使用。将来的には、ブースト圧を上げることなども考えているので、その時にはフルコン化や現車セッティングなどを考えているという。

吸気、サクションパイプ、インタークーラーに関しても今回はキット品をそのまま装着。フルチューンGT-Rに慣れたオーナーにとって物足りなかった加速フィールもストレスのないものになったという。

マフラーはR1チタンマフラーのエクストラ。リヤバンパーの寸法に合わせ、テールの位置や長さをカスタムオーダーしたという。体感できるかというと微妙だが、排気性能に加え軽さも走りの性能を高めてくれるはずだ。

ストリートのみならずミニサーキットでの全開走行まで視野に入れ、ブレーキもキッチリと強化。フロントには、370mmのローターを使ったブレンボの6ポッドキャリパーシステムを投入し、圧倒的なストッピングパワーを手にした。

リヤブレーキはローター径を拡大してキャリパーをオフセット。ちなみに、キャリパーカバーもブレンボ風に塗装して見た目を整える。

普段から18インチのアドバンA050を履き、気が乗ったその時に思いっきり攻めれる足回りを目指す。サスペンションはHKSのハイパーマックスMAX IV GTを選択する。

エクステリアは、さりげない加工を施したRマジックのフロントバンパーや、セイボンのカーボン製リヤスポ、レッグモータースポーツのリヤディフューザーなどオーナーの好みで行われたエアロミックス。吟味したというだけあり、センス良くまとめられている。

現在はまだ発展途上の段階で、そのステップを1段1段登ることを楽しんでいる最中。気兼ねなく乗れてその気になればしっかりと戦えるファインスペックを目指して、これからもチューニングしていくそうだ。

●取材協力:アバンス名東 愛知県名古屋市守山区太田井5-29 TEL:052-796-0271