WAKO’S大嶋和也、淡々と走っていたら「いつの間にか上位に」/第5戦富士GT500優勝会見

 8月4日に行われた2019年スーパーGT第5戦富士の決勝レース。500マイルの戦いを終えて、スーパーGT GT500クラスで前戦タイから連勝を飾ったWAKO’S 4CR LC500の大嶋和也と山下健太が優勝の喜びを語った。

WAKO’S 4CR LC500

大嶋和也

「前戦のタイで優勝して、今回はウエイトハンデも厳しい状況だったので、予選も最後尾だと思っていたし、決勝も1点でも多く獲れればいいなと思っていました。しぶとく戦うレースをしないといけないと思い富士に臨みました」

「走り出してみると、思いのほかクルマが速く、セッティングも決まっていたし(2基目の)エンジンもよく、そしてタイヤのフィーリングもよくて、上位進出もあるかなという感じでした」

「決勝はスタート後、無理をしすぎず淡々と走っていました。ストレートが遅かったので(オーバーテイクを)仕掛けるのは難しい状況でしたけど、いつの間にか上位にいました」

「僕たちがピットに入ろうとしたタイミングでたまたまセーフティカーが出て、その後とにかくクルマとタイヤを守りながら絶対にミスしないように気を付けて走るだけでした」

「次戦のオートポリスはクルマが決まっていればチャンスはありますし、毎年(レースは)荒れるので、1ポイントでも多く獲れるようにしっかり戦いたいです。こんなチャンスはなかなかないと思うので逃さないようにしたいです」

山下健太

「前戦のタイで勝って(ウエイトが増えたので)、今回も表彰台圏外くらい(4~5位)を目指して頑張っていたのですが、ここ(優勝)まで来れるとは思っていませんでした」

「予選一発のタイムではウエイトハンデの影響があり、後方グリッドになってしまいました。ただ、昨日の公式練習からロングランは他車と比べても遜色ないペースだとわかっていたので、追い上げていけると思ってましたが、勝てるとは思っていませんでした」

「ピットインのタイミングが一番のキーポイントだと思いますが、素晴らしい作戦とクルマを作ってくれたチームに感謝です」

(セーフティカー直前のピットインについて)
「あの周に入るつもりでいて、ピットロードに進入しました。ピットロード上で右に曲がるか、曲がらないかというタイミングで、コントロールタワーに『SC』と表示されたんです」

「(ピットレーン入り口で)イエローフラッグもSCボードも見えなかったから大丈夫だと思っていましたが、審議中と表示されて『ヤバいかな』という気持ちにもなりましたね」

「次戦は厳しいと思いますが、チャンピオンに向けて1ポイントでも多く獲れるように頑張ります」