スーパーGT第5戦富士決勝は第3スティントから突然荒れた展開に。ZENT立川がまさかのトラブル大クラッシュ【GT500中間レポート】

 真夏の耐久戦、スーパーGT第5戦富士500マイルが8月4日、ついにスタートを迎えた。スタート時の気温は気温32℃、路面温度46℃でピットウォークでも日差しの暑さを強烈に感じるコンディションのなか、静岡県警のパトカー4台、白バイ9台という盛大なパレードを経て、シグナルグリーンで500マイル、177周のレースが始まった。前日の予選は赤旗終了、レース直前のウォームアップ走行でもGT300マシンのタイヤが外れ、コースを転がってしまい赤旗と、波乱が予感されたが、177周レースの前半部を上位陣の動きを中心にまとめた。

2019年スーパーGT第5戦富士決勝
静岡県警のパトカー4台、白バイ9台の迫力あるパレードランとなった2019年スーパーGT第5戦富士決勝スタート

 GT500の各マシンはクリーンスタートでグリッド順に1コーナーに侵入。17号車KEIHIN NSX-GTは前日のクラッシュを受けてタイヤを四輪交換が必要になったため、ピットスタートとなった。オープニングラップで4番手のZENT CERUMO LC500がWedsSport ADVAN LC500をオーバーテイクして3番手に浮上。

 MOTUL AUTECH GT-R、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのニッサン陣営がトップ2を形成して周回を重ねる。

 4周目には牧野任祐がステアリングを握るModulo Epson NSX-GTが3番手を争うZENT、WedsSportの2台をストレートから1コーナーのブレーキング抜き、5番手から3番手に一気に順位を上げる。

 その後、トップのMOTUL GT-RはGT300マシンとヘアピンで接触し、12号車カルソニック IMPUL GT-Rもダンロップコーナーの進入でGT300マシンに追突を受ける形でスピンするが、上位陣は大きな順位変動がなく周回。10周目には5番手のZENTとau TOM’S LC500がサイド・バイ・サイドになって順位を争うもここはZENTがキープする。

 20周を過ぎて中段勢の順位争いが激しくなり、そのなかではランキングトップのWAKO’S 4CR LC500が徐々に順位を上げて23周目にはリアライズコーポレーション ADVAN GT-Rをオーバーテイク。11番グリッドから7番手まで順位を上げる。

 26周目には3番手WedsSportがピットイン。ドライバーは交代せずにタイヤ交換と給油を行う。そして29周目には7番手走行のリアライズコーポレーションGT-Rが後続にオーバーテイクを許して3ポジションダウン。WedsSportの前には16号車MOTUL MUGEN NSX-GTもピットインしており、ヨコハマタイヤ勢にとってはやや厳しいコンディションのようだ。

 代わって3番手となったModulo NSX-GTも30周目にピットイン。ZENTが3番手に上がる。そのZENTも32周目にピットイン。

 その後、ルーティンのピットインが山場を迎え、35周目になるとトップ走行のMOTUL GT-Rがピットイン。しかし、マシンを降りたロニー・クインタレッリは怒りを表す動きを見せ、感情をぶつけるようにドアを閉める。クインタレッリは何か不満をアピールしているように見えた。

 翌36周目には2番手に順位が上がったau TOM’S LC500、37周目にはトップに上がったCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rがピットインし、39周目にはKeePer TOM’S LC500、KEIHIN NSX-GTもピットインしてGT500はここで全車が最初のピットインを終え、順位が入れ替わっていく。

●静かな序盤戦から、中盤戦に入ったところで荒れ始めたGT500クラス。ZENT CERUMO LC500が大クラッシュでセーフティカー導入

2019年スーパーGT第5戦富士決勝
クリーンスタートとなった2019年スーパーGT第5戦富士決勝
2019年スーパーGT第5戦富士決勝
177周レースの前半を終えてトップを守るPPのMOTUL AUTECH GT-R。最初のスティントで怒りを表したクインタレッリの動向が気になる

 44周を終えての順位はトップがWedsSport、2番手MOTUL GT-R、3番手CRAFTSPORTS GT-R、4番手以降がZENT、MOTUL NSX-GT、au 、WAKO’S、RAYBRIG NSX-GTのトップ8となっている。

 49周目には最終コーナーの立ち上がりでGT300と絡んでラインが厳しくなったWedsSport の坪井翔をMOTUL GT-Rの松田次生が見逃さず、ストレートですかさず並び掛かりオーバーテイク。MOTUL GT-Rが首位を奪い返す。

 56周目には2番手走行のWedsSportが2回目のピットイン。タイヤ交換、給油を終え、坪井から国本雄資にドライバーが乗り代わる。

 64周目にトップのMOTUL GT-Rがダンロップコーナーでややオーバーランしたところを2番手のCRAFTSPORTSがオーバーテイクして首位が逆転。CRAFTSPORTSはペースがよく、2番手のMOTUL GT-Rを引き離しにかかる。

 70周目過ぎからは2度目のルーティンのピットストップが集中し、まずは3番手のZENTがピットイン。石浦から立川にステアリングを代える。翌71周目にはトップのMOTUL GT-Rがピットイン。

 するとアウトラップのZENTの立川が100Rのアウト側のガードレールに正面からクラッシュする衝撃的な映像が飛び込む。リプレイ映像ではタイヤのナットらしきパーツが飛ぶのが見え、何かしらのトラブルでクラッシュしたようだ。

 このクラッシュでまずはFROが導入されるが、セーフティカー導入の可能性もあり、2度目のピットインのタイミングとあってGT500車両は一斉にピットインして順位が交錯。クラッシュした立川の容態も気になる。

 73周目の順位としては2度目のピットインを済ませて以内KeePerがトップ。KEIHINが2番手となるが、74周目のタイミングでセーフティカー導入が決定。ここで一旦、レースがコントロールされる。

 2度目のピットインを終えた実質の順位としては、トップがWedsSport、2番手にMOTUL GT-R、3番手CRAFTSPORTS、4番手からau、WAKO’S、MOTUL NSX-GT、RAYBRIG 、DENSO KOBELCO SARD LC500の並びとなる。

 立川はその後、マーシャルと一緒に自力で歩いている姿から大事には至らなかった様子。別アングルの映像から、右フロントのホイールナットが飛んでなくなっているのが見え、操舵が効かない状態で正面からクラッシュした状態であることが伺えた。ZENTとしては3番手を走行していただけに、大きな痛手となってしまった。

 セーフティカー導入は79周目終了まで続き、80周目にレースがリスタート。KEIHINはすぐにピットイン、その瞬間、実質3番手のCRAFTSPORTSがダンロップコーナーでWedsSportと接触してスピンする映像が飛び込む。イン側のWedsSportとアウト側のCRAFTSPORTSが交錯した形となった。

 その後、82周目にはDENSOがWedsSportにダンロップコーナーで追突する形で接触して、タイヤからスモークを挙げて順位を落とすなど、第3スティントに入って、突然、クラッシュや接触が多発して動きが激しくなったGT500クラス。GT300のマシンにもトラブルやアクシデントが相次ぎ、目の離せない展開が続き、後半戦を迎えることになった。

■2019スーパーGT第5戦富士 GT500途中結果(88終了時点/編集部計)

Pos. No. Team Car Driver Tire WH Gap
1 23 NISMO MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ MI 49kg 88Laps
2 36 LEXUS TEAM au TOM’S au TOM’S LC500 中嶋一貴/関口雄飛 BS 48kg 0’02.510
3 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S WAKO’S 4CR LC500 大嶋和也/山下健太 BS 70kg 0’02.913
4 1 TEAM KUNIMITSU RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/J.バトン BS 22kg 0’06.023
5 24 KONDO RACING リアライズコーポレーション ADVAN GT-R 高星明誠/J.マーデンボロー YH 28kg 0’06.499
6 12 TEAM IMPUL カルソニック IMPUL GT-R 佐々木大樹/J.ロシター BS 19kg 0’10.324
7 3 NDDP RACING with B-MAX CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 平手晃平/F.マコヴィッキ MI 32kg 0’11.571
8 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH WedsSport ADVAN LC500 国本雄資/坪井翔 YH 35kg 0’13.046
9 16 TEAM MUGEN MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/中嶋大祐 YH 4kg 0’14.423
10 64 Modulo Nakajima Racing Modulo Epson NSX-GT N.カーティケヤン/牧野任祐 DL 5kg 0’15.043
11 8 ARTA ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也 BS 40kg 0’15.837
12 37 LEXUS TEAM KeePer TOM’S KeePer TOM’S LC500 平川亮/N.キャシディ BS 68kg 1’25.972
13 17 KEIHIN REAL RACING KEIHIN NSX-GT 塚越広大/B.バゲット BS 12kg 1Laps
14 39 LEXUS TEAM SARD DENSO KOBELCO SARD LC500 H.コバライネン/中山雄一 BS 40kg 6Laps
15 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 BS 61kg 19Laps