ポールスタートの埼玉トヨペットGB マークXが快走。実質首位で後半戦へ【スーパーGT第5戦富士GT300中間レポート】

 2019年のスーパーGTは8月4日、シリーズ最長500マイルで争われる第5戦富士の決勝レースが行われ、スーパーGT GT300クラスは82周終了時点でUPGARAGE NSX GT3が暫定トップを走行している。ただしUPGARAGE NSXはピット作業を1度しか行っておらず、2回のピットを済ませているチームではライバルとピットタイミングが異なるT-DASH ランボルギーニ GT3がトップ、以下、実質首位の埼玉トヨペットGB マークX MC、D’station Vantage GT3と続いている。

 日本国内では5月末以来のシリーズ戦開催となった第5戦。この週末は連日続く厳しい暑さとなり、決勝日も早朝からじっとりと汗をかくようなコンディションとなった。

 決勝日の富士スピードウェイ上空には青空が広がっていたこともあり、気温もぐんぐんと上昇。決勝スタートの段階で気温33度、路面温度51度、湿度38%という状況だ。

 決勝前に行われたウォームアップ走行でarto RC F GT3のタイヤが外れるアクシデントから赤旗が出されたため、177周のレースは定刻より10分遅れの13時40分、静岡県警察先導によるパレードランで幕を開けた。なお、McLaren 720Sはピットレーンからのスタートとなっている。

 GT300クラスはレース序盤から埼玉トヨペットGB マークX MCとHOPPY 86 MCの2台がレースをリード。HOPPY 86は34周目までラップリーダーの座を守っていたが、この周のダンロップコーナーで埼玉トヨペットGB マークXに交わされ2番手に後退すると、このタイミングで1度目のピット作業を行った。

 トップへ返り咲いた埼玉トヨペットGB マークXは36周を消化してピットインすると、HOPPY 86の前でコースに復帰。全車が1度目のルーティンピットを終えた42周目、見た目上でもクラス首位に浮上した。

 その後も2台のマザーシャシーがレースをリードしていくと、先行する埼玉トヨペットGB マークXが66周目にピットイン。しかし、ここで左リヤタイヤの交換作業に時間を要してしまい、タイムをロスしてしまう。

 これでHOPPY 86が有利になるかと思われた直後の68周目、トヨペット100Rで発生していたZENT CERUMO LC500のクラッシュに対してセーフティカーが導入されてレースはリセット。2度目のピットを終えていなかったHOPPY 86は逆境に立たされることになってしまった。

 クラッシュしたZENT LC500の回収や隊列の整理などを経て、レースはGT500で80周目、GT300クラスで75周目に再開。すると、直後に暫定首位だったHOPPY 86がピットへ。しかし、マシンフロントにダメージを負っている影響でエアジャッキを差し込めず、大きくポジションを落としてしまう。

 さらに、このリスタートではLEON AMGのマシンフロントから白煙が上がるアクシデントも発生したほか、81周目にはGAINER TANAX triple a GT-Rが2度目のタイヤトラブルに見舞われるなど、レースはサバイバル戦の様相を見せ始めた。

 なお、85周目にはUPGARAGE NSXとT-DASHランボルギーニが相次いでピットインしたため、埼玉トヨペットGB マークXがラップリーダーへと再浮上。2番手にグッドスマイル 初音ミク AMG、3番手にSUBARU BRZ R&D SPORTが続く格好でレースは後半戦へ突入している。

■2019スーパーGT第5戦富士 GT300クラス途中結果(82周終了時点/編集部計)

Pos. No. Team Car Driver Tire WH Gap
1 18 TEAM UPGARAGE UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮/山田真之亮 YH 0kg 82Laps
2 87 JLOC T-DASH ランボルギーニ GT3 高橋翼/A.クート/藤波清斗 YH 8kg 0’03.739
3 52 埼玉トヨペット Green Brave 埼玉トヨペットGB マークX MC 脇阪薫一/吉田広樹 BS 11kg 1’05.660
4 7 D’station Racing AMR D’station Vantage GT3 藤井誠暢/J-P.デ・オリベイラ/D.ターナー YH 0kg 1’10.564
5 4 GOODSMILE RACING&TeamUKYO グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 YH 29kg 1’12.134
6 61 R&D SPORT SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 DL 30kg 1’13.030
7 88 JLOC マネパ ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥 YH 35kg 1’16.301
8 56 KONDO RACING リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 平峰一貴/S.フェネストラズ YH 54kg 1’16.844
9 34 Modulo Drago CORSE Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹 YH 12kg 1’22.353
10 33 X Works エヴァRT初号機 X Works GT-R S.トン/M.リー/道見真也 YH 18kg 1’24.118
11 360 TOMEI SPORTS RUNUP RIVAUX GT-R 青木孝行/田中篤/柴田優作 YH 0kg 1’25.253
12 55 ARTA ARTA NSX GT3 高木真一/福住仁嶺 BS 61kg 1’25.750
13 11 GAINER GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 DL 50kg 1’32.129
14 2 Cars Tokai Dream28 シンティアム・アップル・ロータス 高橋一穂/加藤寛規/濱口弘 YH 0kg 1’34.677
15 21 Audi Team Hitotsuyama Hitotsuyama Audi R8 LMS R.ライアン/富田竜一郎/A.ピカリエロ YH 12kg 1’38.685
16 96 K-tunes Racing K-tunes RC F GT3 新田守男/阪口晴南 BS 60kg 1’41.635
17 10 GAINER GAINER TANAX triple a GT-R 星野一樹/石川京侍 YH 42kg 1Laps
18 25 つちやエンジニアリング HOPPY 86 MC 松井孝允/佐藤公哉/土屋武士 YH 32kg 1Laps
19 5 TEAM MACH ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 坂口夏月/平木湧也/阪口良平 YH 30kg 1Laps
20 35 Panther arto Team Thailand arto RC F GT3 N.ホートンカム/S.ウォーキンショー YH 0kg 1Laps
21 31 apr TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨宏紀/中山友貴 BS 0kg 1Laps
22 60 LM corsa SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本大樹/宮田莉朋 DL 10kg 1Laps
23 50 Arnage Racing ARNAGE AMG GT3 加納政樹/山下亮生/手塚祐弥 YH 0kg 1Laps
24 9 PACIFIC RACING with GOOD SPEED PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE 横溝直輝/峰尾恭輔/都筑晶裕 YH 0kg 1Laps
25 22 R’Qs MOTOR SPORTS アールキューズ AMG GT3 和田久/城内政樹/B.ビルドハイム YH 0kg 2Laps
26 48 NILZZ Racing 植毛GO&FUN GT-R 田中勝輝/飯田太陽/浜野彰彦 YH 0kg 3Laps
27 65 K2 R&D LEON RACING LEON PYRAMID AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥 BS 39kg 8Laps
28 30 apr TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 永井宏明/織戸学/小高一斗 YH 0kg 18Laps
29 720 McLaren Customer Racing Japan McLaren 720S 荒聖治/A.パロウ YH 0kg 61Laps