「ガルフカラーが似合いすぎるF56型ミニ・ジョンクーパーワークス改!」デュエルAGが手がけるブーストアップ300馬力の心臓部も注目だ!

「ガルフカラーが似合いすぎるF56型ミニ・ジョンクーパーワークス改!」デュエルAGが手がけるブーストアップ300馬力の心臓部も注目だ!

フルボディキットを纏ったデュアルAG渾身の1台

伝統のガルフカラーで存在感アップ!

ハイクオリティなオリジナルパーツを引っさげ、世界中にトレンドを発信し続けているデュエルAG。そんな同社の代表作と言えるのが、こちらのF56型ジョンクーパーワークス(JCW)である。カタログスペックでも231psを発揮するこのやんちゃなホットハッチをベースに、デュエルAGらしい遊び心を存分に盛り込んだ。水色にオールペンをして、伝統のガルフカラー(もちろんメーカー公認!)に仕立て上げたスタイルが特徴的だ。

まずフロントまわりからチェックしてみると、横長なアンダーダクトを配置したオリジナルのフルバンパーは大胆なリップスポイラー形状を採用。また、センターグリルやエアインレットダクトなど随所にオリジナルのカーボンパーツをあしらうことでスポーティさを強調。バンパーのサイドダクトにはLEDを配置し、ナイトシーンでもその存在感を主張する。高速道路でのスタビリティ向上を実現すると同時に、ダクト付きのクーリングボンネットも装備することで冷却性能のアップまで果たしている。

さらにボディサイドに目を移すと、オーバーフェンダー化やサイドステップの装着によりその迫力のある顔つきに負けない、グラマラスなボディラインを構築しているのがよく分かる。

フェンダーは、MINIのアイデンティティ的パーツの一つでもあるサイドスカットル部分を撤去し、大きなスリットが入ったポーツテイストのデザインが特徴だ。

当然、リヤまわりの作り込みにも抜かりはなく、カーボンリヤスポイラー&ディフューザーをセット。存在感のあるリヤバンパーの中央から顔をのぞかせるのは可変バルブ付きマフラーのデュアルテールと、細部までスキなく手が加えられた。

リヤウイングは空力効果まで見据えて開発された逸品。高速道路での安定性向上に一役買ってくれる。カーボン仕様となっておりドレスアップ効果もテキメンだ。

フューエルキャップのカーボンタイプのオリジナル。ボディサイドのアクセントにもなる。こうした小物アイテムが充実しているのもデュエルAGのウリだ。

一方の室内では、MINI MAX社とコラボレートして開発されたオリジナルのメーターパネルが存在感を主張する。スケールは240km/hと260km/hの2タイプが設定される。ステアリングコラムの上には、メーターフードをセットしてデフィのブースト計と温度計を装着した。また、ドア内張りの一部をカーボン化するなど、スポーティかつハイクオリティなインテリアにまとめあげる。

足まわりはKW車高調をチョイスし、ブレーキはオリジナルのビックキャリパーを装着。制動力を引き上げる。ホイールはOZレーシング・フォーミュラHKTの18インチ。サイズは前後とも8J+35をチョイス。これに組み合わせるタイヤは、ミシュランパイロットスポーツの205/40-18サイズだ。

気になるエンジン系についても、オリジナルのラムエアインテークシステムや200セルキャタライザーにより吸・排気環境を整えるなど、JCWならではの素性の良さを引き上げるチューンが施されている。ECUセッティングも実施され、最高出力は約300psを発揮するとあれば、その速さや楽しさは想像するにたやすい。走りも見た目も文句ナシの仕上がりに惹かれるミニユーザーは決して少なくないはずだ。

●問い合わせ:デュエルAG 愛知県名古屋市千種区東山通5丁目34-4 TEL:052-781-0040