11月のGT500×DTM特別交流戦に向けDTMベルガー代表来日。スポンサーや日独の開催概要について発表

 8月3日、スーパーGT第5戦富士が行われている富士スピードウェイで、GTアソシエイションの坂東正明代表、そしてDTMドイツ・ツーリングカー選手権を運営するITR e.Vのゲルハルト・ベルガー代表が出席し、2019年11月23〜24日に行われる『スーパーGT×DTM特別交流戦』の概要について発表した。冠スポンサーには、スーパーGTを長年サポートするオートバックスセブンが、創業45周年を記念し務めることになったほか、オフィシャルパートナーとしてBHオークションが就いた。

 長年車両規定統一に向け交渉を進めてきたスーパーGT GT500クラス、そしてDTMドイツ・ツーリングカー選手権。『クラス1』と名付けられた規定には日本ではレクサス、ホンダ、ニッサン、そしてドイツではBMW、アウディ、そして今季からメルセデスに代わりRモータースポーツが走らせるアストンマーティンが参加し、6メーカーが規定に加わっている。

 そんなクラス1のマシンが一堂に会し競い合う、ファン待望の『スーパーGT×DTM特別交流戦』が、11月23〜24日に行われる。このレースに向けて、GTA坂東代表、ITRベルガー代表、そしてオートバックスセブンの小林喜夫巳代表取締役社長、BHオークションを運営するBHJの武井真司CEOが出席し記者会見が行われた。

 席上、まずは坂東代表からタイトルスポンサーとしてオートバックスセブンが、第3戦鈴鹿の際にGTAとの提携が発表されたBHオークションがオフィシャルパートナーとして発表され、大会名称が『オートバックス45周年 スーパーGT×DTM特別交流戦』となったことが明かされた。レース初日である11月23日は、45年前にオートバックスの名を冠した1号店がオープンした記念日にあたるという。

 富士での特別交流戦については、11月23日、24日ともに予選と決勝を開催。レースは55分+1周で、四輪タイヤ交換のピットインが義務づけ。DTMで使用されているハンコックタイヤを使用する一方、DTMで使用されるDRSやプッシュ・トゥ・パスといったオーバーテイク促進のアイテムは使用されない。また、このレースのサポートイベントとして、GT300による特別戦『auto sport Web Sprint Cup』が開催されるが、その詳細は8月4日に発表される予定だ。

 一方、この富士での特別交流戦に先立ち、10月4〜6日にはDTM最終戦ホッケンハイムに日本の3メーカーのGT500マシンが1台ずつ実戦に参加することになるが、ベルガー代表いわく、こちらではDTM車両はDRS/プッシュ・トゥ・パスは使用可、GT500車両については「日本のマニュファクチャラーも負けていられないので、使うかもしれないがね! ただ、フェアにバランスがとれるようにしたい」と語った。

 なお来日するDTM車両の台数についてベルガー代表は「6〜10台は来日できると思うし、近日中に発表できるだろう」としている。GT500は2名1組だが、DTM車両でもそのドライバー組み合わせが実現するのか、通常どおり1名で戦うのかは「まだ決めていない」としている。

GTアソシエイションの坂東代表
GTアソシエイションの坂東代表
ITRのゲルハルト・ベルガー代表
ITRのゲルハルト・ベルガー代表

■やっと実現した交流戦にGTA、ITRとも「やっとこれで一歩踏み出せる」

「長年コスト低減等を目指し、規定統一に向けて両者は協議を進めてきましたが、我々としてはモータースポーツの振興発展として、よりスーパーGTがグローバルになるよう信念をもって、2019年にやっとこうして交流戦を実現できるまでになりました」というのはGTA坂東代表。

「DTM側ではメルセデスが去り、(ITR前代表のハンス・ベルナー)アウフレヒトが去りましたが、これまで多くの方にご尽力いただきました。こうしてヨーロッパとアジアで統一したルールができ、クラス1のレースが実現できることを嬉しく思います」

「まだ解決する問題は山積みですが、日欧6メーカーによる戦いを多くのファンの皆さんにお見せできることを嬉しく思いますし、今後もマニュファクチャラーにご理解いただきながら、クラス1規定を育てていきたいと思います」

 また、ITRのベルガー代表は「坂東代表、富士スピードウェイの皆さん、スポンサーの皆さんにこのレースをサポートしてもらうことを感謝している。このイベントは、スーパーGTとDTMにとって非常に画期的なものになる。我々は長年話し合ってきて、統一した規定を築くことができた。今後6メーカー以上のマニュファクチャラーが同じ規定でレースをできることになる」と語った。

「坂東代表が言ったように、規定面で長年協力してきたが、やっとこれで一歩踏み出すことができる。そして私の夢は、これをさらに発展することだ。今後も長年サポートしてくれているスポンサー、マニュファクチャラー、GTA、ITRと皆さんを大事にしながら一緒にレースを作っていきたいと思う」

 11月の交流戦では、BHオークションにより過去のスーパーGT車両等を対象にしたオークションが行われる予定だが、武井CEOからは「ベルガー代表にコレクションの出品を期待している」とのコメントが飛ぶと、ベルガー代表も思わず笑顔を浮かべた。なお今回の富士には、ベルガー代表がF1ドライバーとして初のポール・トゥ・ウインを鈴鹿で飾った際のフェラーリF187がBHオークションによって持ち込まれており、ベルガー代表から武井CEOに感謝のコメントが述べられている。

自らの鈴鹿での優勝をともにしたフェラーリF187とITRベルガー代表、GTA坂東代表、BHJ武井CEO自らの鈴鹿での優勝をともにしたフェラーリF187とITRベルガー代表、GTA坂東代表、BHJ武井CEO
自らの鈴鹿での優勝をともにしたフェラーリF187とITRベルガー代表、GTA坂東代表、BHJ武井CEO
2019年のスーパーGT第5戦富士を訪れているゲルハルト・ベルガー
2019年のスーパーGT第5戦富士を訪れているゲルハルト・ベルガー
DTMドイツ・ツーリングカー選手権のスタートシーン
DTMドイツ・ツーリングカー選手権のスタートシーン
2019年スーパーGT第4戦タイ GT500決勝スタート
2019年スーパーGT第4戦タイ GT500決勝スタート