ハミルトン、レッドブルを警戒「オーストリアの時のように強さを発揮するかもしれない」:メルセデス F1ハンガリーGP

 2019年F1ハンガリーGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=1番手/2=3番手だった。

 ハミルトンはFP1ではソフトタイヤで1分17秒233、FP2ではハードタイヤで1分17秒995を記録した。

2019年F1第12戦ハンガリーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第12戦ハンガリーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン フリー走行1=1番手/2=3番手
 FP1はいいセッションだった。(ドイツGPでは体調不良だったが)今週末は回復していい状態で走りたいと思っていた。

 マシンバランスは最初からかなりいい感じだったと思う。セッションの合間にいくつかの変更を施したが、残念ながらそれをテストすることができなかった。午後はハードタイヤで数周走っただけで、あとはほとんど走行しなかったんだ。レースがドライで開催されそうなことが分かっている場合、ウエットでの走行は無意味だからね。

 天候はトリッキーだった。ピットレーンから見たり、カメラの映像で見ると、パラパラ降っている程度にしか見えないけど、実際走り出してみるとそこら中で結構強い雨が降っているんだ。路面の表面がかなり濃い色なので、そこがドライなのか水たまりになっているのか、判断するのが難しい。

(formula1.comのインタビューで語り)今朝、レッドブルやフェラーリにかなり近づけたので驚いた。今週末、この調子を保ちたい。レッドブルは何度もタイトルを獲得したチームで、毎年優れたマシンを作ってきた。どのマシンもサーキットとの相性によって、いくつか得意な場所があるものだ。レッドブルのパッケージはオーストリアで優れていた。僕らのマシンやフェラーリと比べてもいいマシンだった。今週末もそうなるかもしれない。