クビアト「こういうコンディションではリスクを冒さず、走り続けることが大事。いい作業ができた」トロロッソ・ホンダF1

 2019年F1ハンガリーGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=13番手/2=10番手だった。

 クビアトはFP1で33周のなかで1分18秒982、FP2で22周において1分18秒957をそれぞれソフトタイヤで記録した。

2019年F1第12戦ハンガリーGP木曜 長女ペネロペちゃんが誕生したことを祝い、トロロッソ・ホンダチームがダニール・クビアトにプレゼント
2019年F1第12戦ハンガリーGP木曜 長女ペネロペちゃんが誕生したことを祝い、トロロッソ・ホンダがダニール・クビアトにプレゼント

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト フリー走行1=13番手/2=10番手
 難しい一日だった。FP2ではリスクを冒す必要はないと考え、攻めすぎないように心がけた。小雨が降り続き、縁石が濡れて、トリッキーなコンディションだったんだ。

 それでもこのセッションから得るものがなかったわけではない。コースに出れば、毎回、何かしら学ぶことはあるからね。

 今夜、エンジニアの皆がデータを分析してくれるから、それが明日の改善につながることに期待している。

 マシンをできるだけいい状態に持っていくため、タイヤやセットアップについて理解し、どうすれば感触がよくなるのかを探った。全体的にいい仕事ができたと思う。今日の作業から得たものを明日うまくまとめあげたい。