“赤”はレーシーの証 今年デビューの新ブランド「RMPレーシング」が機能美に溢れた本気のスポーツホイールを発信!

レッドストライプが走りの魂を刺激する
機能美にあふれたレーシー系7スポーク

RMP RACING/R07
アールエムピーレーシング/アール07

rmp マルカサービス mid ホイール インチアップ
いま話題なMIDコンセプトの筆頭格、RMPは、普遍的かつ王道な意匠で、プレミアムな足元を演出することに特化したブランド。

そんなRMPのプレミアム性を引き継ぎながら、実際にサーキットで戦うホイールに採用されるものと同じ要素をプラスし、レーシーに仕上げられるのが2019年からスタートしたRMPレーシング。最新作のR07も当然、スポーツ性と機能美とが絶妙に融合される。

力強さと剛性感、それと同時に軽量感をもまとった好バランスな7スポークは、先端がリムとシームレスでつながる形状となるため、クリーンで機能的な印象。エッジ部はななめに落とし込み、そのななめ断面をセンターへ向けてドロップさせるなど、シンプルながらも凝ったディテールが随所で採用されているのもR07の特徴だ。

スポークエンドのアンダーカット、ボルトホール部のカービング処理などは、軽量化のため。マシニングによるブランドロゴの彫刻、リム外周を彩るレッドラインなど、ビジュアル面での優位性も満点だ。

ディスクがブラックだから引き締まり感が得やすく、リムのレッドラインで変化も演出できる秀作。大人目線なスポーツメイクにピタリだ。

センターサークルをガツンと落とし込んだ大胆な意匠は、レーシングホイールさながら。リムもあり、力感満点。

7本スポークのうちの1本にのみ、マシニングによるブランドロゴ彫刻を採用。RMPの系譜に相応しいプレミアム感も存分に発揮できる。

リム外周には軽量化を狙った溝が切られている。その溝部分に、アクセント効果バツグンなレッドライン。刺激もたっぷり。

剛性と応力分散性、軽量性などに配慮した7スポークレイアウトを採用。スポークエンドはアンダーカット、軽量化を狙う。

RMPと同様、高級感あるレンズタイプのオーナメントを設定。レーシーな赤×黒のコンビにシルバーの立体文字が映える。

15〜18インチ設定で、コンパクトからミドルクラスまでをカバー可能。プリウス用サイズも用意されていて、GRスポーツのような走りを意識した車種とのマッチング性に長けるのが特徴。
【DEMO CAR SPECIFICATION】
DEMO CAR_PRIUS PHV GR SPORT
SIZE:18×8.0J+45
TIRE:トーヨー・プロクセスR1R(225/40-18)
COLOR:ブラック/リムレッドライン
Special Thanks
GR Garage 西宮 0798-35-5200
https://toyotagazooracing.com

【WHEEL SPECIFICATION】

SIZE H/PCD PRICE
15×5.0J 4/100 2万8000円
16×6.0J 4/100 3万3000円
17×7.0J 4/100、5/114.3 3万6000円
18×7.5J〜9.5J 5/100、5/112、5/114.3 4万3000円〜4万6000円

●カラー:ブラック/リムレッドライン

スタイルワゴン2019年8月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]