ウェルカムオープン機能に助手席イージークローザーで便利装備充実! 15の安全装備で進化した新型ダイハツ・タントをチェック!

トールワゴンの革命児、タント
全方位進化で第4世代へ!!


DAIHATSU/Tanto&Tanto CUSTOM
ダイハツ/タント&タントカスタム
2WD=LA650S系 4WD=LA660S系


ダイハツ タント タントカスタム LA650 LA660 新車 レポート

新型タントは何が変わった!? 超人気トールワゴンが4代目へとフルモデルチェンジ!

【新型車レポート】

軽ハイトワゴンのパイオニア、タントが4世代目にフルモデルチェンジされた。新型はDNGAと呼ばれる、ダイハツ新世代のクルマ作り第1弾となるため、車体の基礎となるプラットフォームやパワートレーンといった主要部分が新しくなった。

新開発されたプラットフォームはサスペンションアレンジを最優先して設計されているため、ハンドリングを大幅に改善。エンジンも燃焼効率の向上が図られ、ベルト+ギア駆動が可能な新開発CVTが組み合わされているので、加速性能を大幅に向上させている。

外観デザインは標準のタントではファミリーカーのテイストを抑えて、スマートに見えるフロントマスクを採用。カスタムも、あえて押し出し感を封印することで上質な雰囲気に仕上げている。インテリアは視界の良さや操作性を重視してデザインされ、初心者から高齢者まで扱いやすくなっている。

パッケージングはタントの特徴でもある、左側の前後ドアを開くとピラーレスの大開口部が現れるミラクルオープンドアを踏襲しながら、運転席に最大540㎜のロングスライド機能を採用することで、楽に車内移動ができるようになった。

安全装備のスマートアシストには、全車速域対応のアダプティブクルーズコントロールや、レーンキープコントロールなどの装備が付く、スマートアシストプラスが追加される。

新型タントは走りの性能を中心に、安全装備や使い勝手など、全性能が飛躍的に進化している。

新プラットフォームDNGAとは!?


骨格を成すプラットフォームは、トヨタのTNGAのダイハツ版といえるDNGAへ刷新。乗り心地優先で、エンジンやサスペンション、着座位置などの設計思想を共通化させた新技術。エンジンやCVTなどのパワートレーンだけでなく、ボディ強度や安全性も進化させつつ、骨格全体を40㎏も軽量化した。ポテンシャルが大幅改善された次世代ベースアップ技術だ。

持ち前の解放感、見晴らしの良さをさらに高めるとともに、Aピラーを細くしたほか、メーター配置なども見直すなど、広範囲の視認性を拡大。収納も随所にあり。

540㎜可動する世界初の運転席ロングスライドシートは、室内ウォークスルーを容易にするだけでなく、狭い駐車場での乗降性も格段に高める超便利機能だ。

スイッチ操作を予め行うと、クルマに戻った際、面倒な解錠操作せずにパワースライドドアが自動で開く予約機能「ウェルカムオープン」が付く。ママにも嬉しい。

力の弱い子供や高齢者でもラクに助手席ドアを閉められる助手席イージークローザーを軽自動車で初搭載。「L」系を除くグレードに標準装備される。


先進安全装備もさらに進化し、衝突警報、衝突回避支援ブレーキ、車線逸脱警報& 抑制、オートハイビーム、標識認識機能など、15の最新装備が備わる。

エンジンはNAとターボの2択。点火や燃料噴射も改善しさらに燃費アップ。駆動伝達効率が良い新CVT 採用により、加速性能や静粛性も改善している。

グレード=X

グレード=CUSTOM RS

問:ダイハツお客様コールセンター 0800-500-0182
https://www.daihatsu.co.jp

スタイルワゴン2019年8月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]