RX-7チューニング最前線「20BハイコンプNAユニットの誘惑」街乗りもサーキットも遊べる290馬力!

RX-7チューニング最前線「20BハイコンプNAユニットの誘惑」街乗りもサーキットも遊べる290馬力!

RSパンテーラ渾身のコンプリートエンジンメニュー

ベースの20Bエンジンが入手困難!?現在はオーダーストップ中

創業30年を迎える老舗ロータリーチューニングショップ“RSパンテーラ”。ここで紹介するRX-7は、そんな同社が長い時間を費やしてコンプリートメニュー化に成功した3ローターNAユニットを積んだチューンドだ。

このエンジンは、ロータリーの特性を生かしつつ官能的なドライブフィールを追求するユーザーに向けたRSパンテーラ独自のスペック。単純にターボパーツを撤去したユーノスコスモの20Bユニットを換装するのではなく、サイドポート拡大加工を施した上、RX-8の高圧縮ローターなどを使って最適化した実測290psの3ローターハイコンプNA仕様だ。

搭載位置に関しても、そのままではフロントヘビーでFD3S本来の切れ味が損なわれてしまうため、20Bユニットが完全にオーバーハング内に収まるよう設計。これにより前後の重量配分はフロント630kg/リヤ650kgと、わずかにリヤ寄りになるように仕上げた。これは偶然などではなく、トラクション性能を考慮したRSパンテーラの狙いの配分だ。

室内を覗くと、ボディにガゼット留めされた強固なロールケージが目に入る。メインメーターは、信頼性の観点からデフィのスポーツディスプレイを採用して車両情報を一括管理している。

一方のエクステリアは、RSパンテーラのeffectで統一。リヤバンパーには空力向上のためにスリット加工が入る。また、フロントの下面には整流効果の高い専用アンダーディフューザーもインストール済みだ。

ちなみに、このコンプリートエンジン換装メニューは、公認車検取得費用込み約300万円(ベースエンジン込み)で展開されているが、現在はバックオーダーが定数に達したためオーダーストップ。ベースとして使う20Bエンジンも入手困難となってきていることも重なり、この先何台作ることができるのか分からない状況にあるという。

2ローターエンジンの弱点である低回転域のトルク不足を補い、高回転までリニアに伸びるパワー特性はドライバーにとって扱いやすさに繋がる。もちろん、ターボチューンに比べると発熱が圧倒的に少ないため、安心して全開で走り続けることも可能。3ローターNAユニットに魅力を感じるRX-7オーナーは、一度問い合わせてみてはいかがだろうか。

スペック

■エンジン:20B改サイドポート/RX-8用ローター重量合わせ加工(圧縮10.0:1)/オリジナルサクション/専用エキマニ/オフセットインマニ/フロントパイプ/マフラー ■ドライブトレイン:ミッション15mm後方マウント/HKS LAシングルクラッチ/クスコLSD ■サスペンション:HKSハイパーマックスMAX IV SP ■ブレーキ:RSパンテーラ オリジナルローター ■ホイール:アドバンレーシングRZ ■タイヤ:ネオバAD98(265/35R18) ■エクステリア:RSパンテーラ オリジナルフルエアロ ■インテリア:ブリッドフルバケットシート2脚/ロールケージ 他

●取材協力:RSパンテーラ(佐藤商会) 静岡県富士宮市北山5220-2 TEL:0544-58-4837