もう冬の準備! ブリヂストン・ブリザックに5年ぶりのモデルチェンジ。SUV/4×4向けスタッドレスタイヤ「DM-V3」が新登場

氷路面での”滑りにくさ”とウェット路面でのブレーキ性能を向上させた
ブリヂストン史上最高のSUV/4×4専用スタッドレス


BRIDGESTONE/BLIZZAK DM-V3
ブリヂストン/ブリザック DM-V3



ブリヂストンのスタッドレスタイヤブランドといえば「ブリザック」。氷結路での性能が高く、降雪地域のユーザーに絶大な支持を受けるシリーズだ。そのブリザックシリーズのSUV&4×4向けモデルが、5年ぶりにモデルチェンジとなり「DM-V3」が登場。

「DM-V3」は、ブリザックブランドの特徴である氷上性能だけではなく、長期間使用できるように摩耗ライフにも配慮。乗用車向けスタッドレス「ブリザック VRX2」で採用している「アクティブ発泡ゴム2」を搭載し、凍結路面での制動距離を前モデル比で9%も短縮しただけでなく、ストレート溝を4本化することで、高い排水性を確保。剛性を高めた「SUV専用パターン」によって、ウェット路面での制動距離も6%の短縮を実現している。

ラインアップは15インチから20インチまで全37サイズとかなり豊富。発売は、225/60R17、265/65R17、225/65R17、215/70R16、175/80R16の5サイズが8月1日より。それ以外が9月1日より発売。

ストレート溝を4本化することで、高い排水性を確保するとともに、「SUV専用パタン」によりグリップ力を最大限に引き出すことで、ウェット性能が向上。

ブロック剛性を高めパタンの変形を抑えることで摩耗の原因であるタイヤと路面の”すべり”を低減し、ロングライフを実現。摩耗ライフは従来モデルと比べ25%も向上。

最近はやりのA/Tタイヤ、M/Tタイヤは雪道OK!?

最近はオフ系カスタムの人気が高まり、ブロックが大きくゴツゴツとしたA/T(オールテレーン)タイヤやM/T(マッドテレーン)タイヤを履くSUVユーザーが増えている。それらのタイヤは大抵の場合、M+S(マッド&スノー)と表記されていて、マッド(泥やぬかるみ)はもちろん、スノー(雪、積雪)での走行も考慮されている。多くはスタッドレスタイヤ同様に高速道路のチェーン規制でもチェーンを装着せずに走行できるが、雪道で走ることを中心に開発されているわけではないので、降雪地域はとくにスタッドレスタイヤへの履き替えがお薦め。凍結路面ではほぼ夏タイヤと変わらないという話も。

【SIZE LINEUP】
275/40R20 106Q XL
245/45R20 103Q XL
255/45R20 101Q
285/50R20 116Q XL
275/50R20 113Q XL
255/50R20 109Q XL
245/50R20 102Q
235/50R20 100Q
235/55R20 102Q
265/50R19 110Q XL
255/50R19 107Q XL
235/55R19 105Q XL
225/55R19 99Q
255/55R18 109Q XL
235/55R18 100Q
225/55R18 98Q
265/60R18 110Q
235/60R18 107Q XL
225/60R18 100Q
285/60R18 116Q
245/60R18 105Q
265/65R18 116Q XL
235/65R18 106Q
225/65R18 103Q
225/60R17 99Q
265/65R17 112Q
245/65R17 107Q
235/65R17 108Q XL
225/65R17 102Q
265/70R17 115Q
275/70R16 114Q
265/70R16 112Q
225/70R16 103Q
215/70R16 100Q
175/80R16 91Q
265/70R15 112Q
175/80R15 90Q

問:ブリヂストンお客様相談室 0120-39-2936
https://www.bridgestone.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]