デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出

●GLEに続くフルモデルチェンジ。GLEクーペは専用のスポーティなデザインを採用

メルセデス・ベンツは、2018年9月にミドルクラス・クロスオーバーSUV「GLE」を7年振りにフルモデルチェンジしましたが、派生モデルとなる「GLEクーペ」も開発が最終段階となっているようです。

これまでで最も軽いカモフラージュ姿で捉えたプロトタイプは、フロントグリル、左右がつながるエアインテーク、ブーメラン型ツインLEDデイタイムランニングライトなど、GLEと多くを共有するデザインが見てとれます。

ただし、テールライトを始め、グリルバーやエアインテーク内のフィンなどクーペ専用のスポーティなデザインも採用されているようです。またBピラーからダックテールスポイラーへ伸びるルーフラインは、現行モデルより滑らかなイメージを感じさせます。

予想されるパワートレインは、最高出力286ps、最大トルク600Nmを発揮する3リットル直列6気筒ディーゼル、最高出力340ps、最大トルク700Nmのディーゼル、最高出力367psの3リットル直列6気筒ガソリンエンジンをラインアップ。また『CLS450』から流用される、新開発の3リットル直列6気筒エンジン+ISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)では、最高出力370psに22psの「EQ Boost」機能がプラスされます。

新型では、最新プラットフォームによりホイールベースを80mm延長し、後部フットスペースが向上。キャビン内では同ブランド最新のデジタルコックピットを採用し、12.3インチのデュアルワイドディスプレイが搭載されます。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)