電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備

●4.0リットルNAエンジンの搭載が最有力。新型911 GT3の最新プロトをキャッチ

ポルシェ911(992世代)に設定されるハードコアモデル、新型「911 GT3」のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

ウィンターテスト以来の出現となる開発車両は、まだカモフラージュがかなり残っており、ディテールは不明です。

しかし、フロントバンパーのコーナーエアインテークの形状が若干見えてきているほか、初めてリアディフューザーも装着されています。これまでの「GT3」や「GT3 RS」にも見られないリアウィングは、マウンティングブラケットが非常に大きく分厚くされており、最終市販型パーツかはまだ判斷できないようです。

ブレーキキャリパーは高性能「PCCB」(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)が装着されており、生産型にも採用されるはずで、リアウィンドウに後付されているブレーキランプは、最終的にはリアウィングにマウントされると予想されます。

注目のパワートレインの電動化は見送られ、自然吸気4.0リットル水平対向6気筒エンジンが最有力で、最高出力は500psから550psへ向上すると噂されています。

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーと見られていましたが、この偽装具合からも2020年以降となる可能性が高いと思われます。

(APOLLO)