F1チャンピオン、ミカ・ハッキネン降臨! 国内、海外レースチャンピオンが多数参戦のSUZUKA10Hに大注目!!【鈴鹿10時間耐久レースの魅力①】(PR)

●F1チャンピオン参戦!

鈴鹿サーキット夏の風物詩、「スーパーGT鈴鹿1000km」に代わるかたちで2018年に初開催となった「鈴鹿10時間耐久レース」。欧州、日本、アジアなど世界各国で活躍するGT300、GT3マシンが“世界一”を目指してスタートから10時間後のチェッカーまで熱いバトルを繰り広げるということで、多くの注目を集めました。

2年目となる今年は、な、な、な、なんと! 1998年、1999年のF1チャンピオン、ミカ・ハッキネンの参戦が決定しているんです!!

“フライング・フィン”の愛称で多くのファンに愛されたハッキネンは、7度の世界チャンピオン、ミハエル・シュマッハーが「最強の敵であり、最高に尊敬できるライバル」と認めたトップドライバー。

F1引退後はDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦していましたが、2007年のシーズンをもってレーシングドライバーとしてのキャリアを終えることを発表しました。

そんなハッキネンが久しぶりにレースに復帰、しかも「鈴鹿10時間耐久レース」で! こんなに嬉しいことってないですよね。

しかもワールドチャンピオンを決めたレースは2回とも日本GPなんです。鈴鹿サーキットを得意とするハッキネンが、日本のファンの前でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのでしょう。F1現役時代から応援していた方にとっては、涙物のレースになること間違いなしですね。

●サイン会に参加できるスペシャルチケット販売!

実はレースウイーク中、ハッキネンと交流できるチャンスがあるんです! ピットビル3階ホスピタリティテラスで観戦できる「10Hファンテラス」は、購入者限定のサイン会(8月24日実施)に参加できるという超豪華特典付き。

この他にも10Hファンテラス限定オリジナルパス、ピットウォーク入場、ナイトオープンピット見学(土曜日)、パドック入場(3日間有効)、激感エリア、スプーンエリアへのシャトルバス利用可、レースリザルトサービス(3階テラス4番階段内)、ゆうえんちモートピアパスポート(期間中の1日のみ有効、大人のみ)と、「こんなに良いの!?」というくらい特典があります。

「10Hファンテラス」は迫力あるマシンのサウンドを楽しめるよう自然光を活かした開放的な空間になっており、東コース全域を見渡すことができます。ピットレーン側屋外テラス席も利用できるので、真上からピット作業を眺めることもできちゃうんですよ。

気になるお値段は大人(中学生以上)40,000円、子ども(3歳~中学生)8,500円。100名限定なので「サインが欲しい!お話ししてみたい!」という方は、早めの購入をおススメします。

そうそう、ハッキネンから日本のファンに向けてメッセージが届いてますよ。

「2017年の3月に16年ぶりに鈴鹿サーキットを訪問し、日本の熱狂的なファンと再会することができた。また、昨年は、MP4/13をドライブし、鈴鹿の独創的なコースレイアウトを楽しんだ。そして今年は、久しぶりにレースに復帰することを決め、その場所に鈴鹿サーキットを選んだ。鈴鹿は、初めてF1チャンピオンを獲得した場所であり、熱狂的な日本の友人が多く居る場所だ。そして、8月に再び日本のファンに会えることを楽しみにしている」

●国内トップドライバーが多数参戦!

今年の「鈴鹿10時間耐久レース」の凄さはこれだけではありません。日本のトップドライバーも多数参戦するんです!

私的注目が、石浦宏明選手。ハッキネンのチームメイトとしてMcLaren 720S GT3をドライブします。石浦選手は2007年にスーパーGT GT300クラスチャンピオン、そして2015年、2017年スーパーフォーミュラチャンピオンを獲得した日本のトップドライバーです。

石浦選手とハッキネンがタッグを組み、どのような化学反応が起こるのか楽しみすぎる~!

LM corsaでPorshe911 GT3 Rをドライブするのは、〝ミスターGT〟こと脇阪寿一選手。1998年~2015年までスーパーGTで活躍し、そのうちGT500クラスで3度のチャンピオンを獲得。現在はGT500クラスTeam  LeMansの監督を務めています。

チームメイトは現在もGT300クラスに参戦中の実弟、脇阪薫一選手。脇阪兄弟パワーを思いっきり見せつけてもらいましょう!

また脇阪選手がスーパーGT参戦時代、最大のライバルであった本山哲選手(2003、2004、2008年チャンピオン)と道上龍選手(2000年チャンピオン)も参戦。

異なるチームから参戦しますが当時の記憶がよみがえり、熱いバトルが繰り広げられることを期待したいですね。

チャンピオン経験者と言って忘れちゃいけないのが、松田次生選手。

松田選手は2000年からスーパーGT GT500クラスで活躍し続けており、2007年、2008年にスーパーフォーミュラ、そして2014年、2015年にスーパーGTでチャンピオンに輝きました。「鈴鹿10時間耐久レース」では、KCMGからブランパンGTシリーズチャンピオン(2015年)の千代勝正選手と共にNISSAN GT-R NISMO GT3で戦います。

そして「鈴鹿10時間耐久レース」で使用されるGT3カーでスーパーGT GT300クラスに参戦している、Mercedes-AMG Team Goodsmileにも要注目!

ドライバーはスーパーGT同様、谷口信輝選手、片岡龍也選手。さらにWEC(世界耐久選手権)など海外でも活躍している小林可夢偉選手が加わり、上位を狙います。実は昨年もこの3人で参戦しており、なんと総合5位と日本勢最高位を獲得! 今年は表彰台、いや総合優勝をお願いします!!

●海外レースチャンピオンも参戦!

紹介してきた通り、とにかく参戦ドライバーが豪華なのですが、他にもDTM、インターコンチネンタルGTチャレンジ、ブランパンGTシリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップといった、海外レースチャンピオンが現状10名(ハッキネンを除く)参戦で、さらにこの後増える予定なのだとか! このグローバルさ、規模感は「鈴鹿10時間耐久レース」ならでは、です。

正直、「2年目の開催でこんなに豪華で良いの?来年からどうするの!?」なんて思ってしまいましたが・・・(笑)、これは現地で観戦すべきビッグレースになりそうです!

(yuri)