「車検もスルーパスできるオーバー600馬力の完全合法GT-R」耐久性に優れるエンジンメイクは必見だ!

「車検もスルーパスできるオーバー600馬力の完全合法GT-R」耐久性に優れるエンジンメイクは必見だ!

場面を問わずに速さを発揮するBCNR33ストリートスペック

盤石のRB26改2.8L+GT2835ツイン仕様!

静岡県浜松市の天竜川沿いに店舗を構えるOKレーシング。サーキットマシンやドリフトマシンなどハイレベルなチューニングカーを数多く仕立てているが、その一方で、運輸局の認証を取得したれっきとした認証工場である。そのため、排気量アップやタービン交換などのハードチューンも、合法的かつ耐久性に優れたメイキングを施している。

ここで紹介するBCNR33も、その特徴をしっかりと踏襲。走行ステージはストリートが主体となっているものの、力強い低速トルクを確保するためにエンジンは東名パワードのキットで2.8L化を実施。シリンダーヘッドには燃焼室加工やポート研磨、水回りの加工などを施す。

組み合わせるタービンはHKSのGT2835だ。パワーFCによるDジェトロ制御で634psという出力を発揮する。GT2835タービンのツイン仕様はノーマルエンジンには少し大きいが、排気量の拡大によって有効に使える回転域の広さを獲得している。

ハイパワー化に合わせて冷却系もしっかりと強化。大容量ラジエターやトラストの13段オイルクーラーを装着し、スワールポットで冷却水のフローを適正化する。とはいえ、BNR32と比べるとBCNR33は冷却性能には余裕があるとのこと。

ストリートマシンというだけあって、インテリアは内装類をフルに装着。デフィの追加メーターを5つ装着するなどでスポーティなインテリアを構築。さらに室内に張り巡らされたロールケージが、スパルタンな雰囲気を演出する。

マフラーは軽さと質感に優れるトラストのチタン製マフラーをチョイス。LSDはノーマルで搭載されているアクティブLSDを継続使用している。

サスペンションはオーリンズPCVをチョイスし、調整式アームも装着してアライメントの最適化も図る。また、前後共にグローバルのビッグローターキットによってローター外径を拡大。パワーに見合った制動力を確保している。

ホイールは限定カラーのプレスドダブルブラックで塗装されたTE37SL。ハイパフォーマンスを予感させるGT-Rらしいチョイスと言えるだろう。タイヤはアドバンAD08Rの265/35R18サイズ。

「このGT-Rは元デモカーだったんです。エンジンはデモカー時のままですが、もっとストリートを楽しめるような仕様にするのも良いと思いますね。多少ピークパワーは犠牲にはなりますが、タービンサイズをひとつ下げてVカムを投入することで、どんな場面でも鋭い加速を体感できる仕様になると思いますよ」とはOKレーシングの山本さん。

現オーナーがこの先どんな仕様を作り上げていくのか楽しみではあるが、OKレーシングなら必ずオーナーが満足する1台に仕上げてくれるはずだ。

スペック

■エンジン:RB26DETT改2.8L/東名パワード 2.8Lキット、ハイカム(IN&EX:264度)/HKS GT2835タービン、エキマニ、エア口/アペックス パワーFC(Dジェトロ)/トラスト チタンマフラー、オイルクーラー/コーヨー ラジエター/ニスモ 燃料ポンプ/サード インジェクター ■ドライブトレイン:ATS カーボントリプルクラッチ ■サスペンション:オーリンズ PCV車高調(F10kg/mm R9kg/mm)  ■ブレーキ:グローバル ビッグローターキット(F355mm R350mm) ■エクステリア:ニスモ フロントバンパー/トップシークレット サイドステップ、リヤバンパー/ARC リヤスポイラー ■インテリア:ダッシュ貫通ロールバー ■ホイール:ボルクレーシングTE37SL ■タイヤ:アドバンネオバAD08R(265/35R18)

●取材協力:OKレーシング 静岡県浜松市東区下石田町1856 TEL:053-422-5151