夏のレースシーズン到来。熱中症対策は「日焼け予防から」!

●熱中症対策は「日焼け予防」から

これから夏休みに向かい、いよいよ本格的な夏のレースシーズンが始まります。

6月30日に行われたSUPER GT第4戦のタイで一足先に夏のレースを体験した筆者ですが、長年のレース取材経験から夏のレース観戦の大敵は「日焼け」と断言します。

真夏のレース中、望遠レンズでコースサイドから走ってくるマシンを撮影する時に路面温度の高さから発生した陽炎が写ることがあります。陽炎が発生するような天候の場合はどんなに曇っていても間違いなく日焼けを起こします。

日焼けは日光に含まれる紫外線から真皮を守るために表皮が赤くなったり黒くなったりする状態をいいます。紫外線は殺菌力が高いことで知られますが、皮膚の奥にまで到達すると皮膚炎や皮膚がんの原因になるとも言われています。また真皮を守るために表皮が変色していくこと、つまり「日焼け」も読んで字の如く、やけどに近い状態であり、水ぶくれや痛痒いなどの障害を生みます。

今シーズンのSUPER GTでの最長距離となる富士500mileレースや昨年から開催が始まったSUZUKA 10HOUR、バイクでは鈴鹿8時間耐久など耐久レースの多い夏。日陰がほとんどないサーキットのコースサイドで長時間に渡り観戦する場合、日焼け対策をしないと熱中症にかかるリスクが高まっていきます。

日焼けした黒い肌は赤外線を吸収しやすく、体内の温度を上昇させていきます。そこで体温調整が効かなくなると熱中症になっていくのです。

筆者は日焼け対策として汗の気化熱を利用して体表の体感温度を下げるタイプの長袖インナーシャツに、筋肉疲労を軽減するスパッツを履いて肌の露出自体を少なくしています。写真では帽子をかぶってはいませんが、日差しの強い場合は帽子をかぶるようにしています。

ところで…衣装が決められて肌を隠すことができないレースクイーンの方々は、どのように日焼け対策をしているのでしょうか?

●レースクイーンは最強の日焼け止めを使う

6月29日の予選でポールポジションを獲得したWAKO’S 4CR LC500。ポール to ウィンという最高の結果を出したタイ戦でした。

そんなポールポジションを獲得した翌日、決勝日のピットウォーク直前に日焼け止めを塗っているワコーズガールを発見。

日焼け止めはどんなレースクイーンでも使っていますが、その種類は様々でオーソドックスな塗るタイプ、スプレータイプ、錠剤を飲むタイプなどがあります。

ワコーズガールの生田ちむさん曰く「塗るタイプでピットウォークやグリッドウォークの30分くらい前から塗り込んでベースを作っておかないと他のどんなタイプの日焼け止めも効果がありません」とのこと。

どんなのを使っているのか見せてもらうとSPF 50+、PAは4+!

SPFとは日焼けになりやすい紫外線Bというものを防御する数値で、数値表記としては日本では50が最高値なのですが性能として「50よりもっと効果があります」という意味で50+という表記となります。PAは真皮に届いたときにシワなどを誘発する紫外線Aを防御する数値で「+」が4つが国内表記での最高値となります。

ただしSPF 50+、PA4+だけがレースクイーンの方が日焼け止めを選ぶ基準にしているわけではありません。どれだけ汗に強いかが重要です。

涼しい顔でピットやグリッドに立つ彼女たちですが、よく見るとかなりの汗をかいています。彼女たちの使う日焼け止めはウォータープルーフを超えてスウェットプルーフという強力な定着力を持っていました。

それにしても見慣れないパッケージの日焼け止め。外国製?と聞いてみるとワコーズガールの霧島聖子さんは「これワコーズさんがスポーツ選手用に出しているんですよ」と教えてくれました。

オイルのワコーズブランドの和光ケミカルが出しているアグレッシブデザインというアスリート向けのコスメブランドの商品とのことで、オリンピックなどでも使用できるドーピング素材不使用の「ドーピング・ガード」が最大の特徴とか。和光ケミカルのAggressive Design公式WEBショップで購入できるそうです。

日焼け止めもインナーシャツも大きな意味で捉えれば肌の露出を少なくするもの。出来るだけ両方の併用で日焼けを予防して熱中症対策をし、夏のレースシーズンを思い切り楽しんでいきましょう。

(写真・文:松永和浩)