マクラーレンF1がサインツ&ノリスの2020年残留を発表。早期確定で他チームからの引き抜きを封じる

 マクラーレンは9日、現在走るカルロス・サインツJr.とランド・ノリスのドライバーラインアップを2020年も継続することを発表した。

 サインツは2019年に向けてルノーからマクラーレンに移籍。マクラーレンのジュニアドライバーだったノリスは、テストおよびリザーブドライバーを経て、今年、レギュラードライバーに昇格し、F1デビューを果たした。

 チームは、ふたりを維持するという判断について、トップへの復活を目指すなかで、一貫性と継続性が競争力向上の重要な要素になると説明した。

 チーム代表のアンドレアス・ザイドルは「カルロスとランドのパフォーマンスはチームが進歩を果たす上で重要な鍵である。エンジニアたちがMCL34を開発し、MCL35について考える上で、彼らのフィードバックが役立っている」とコメントしている。

 CEOのザック・ブラウンは、チームのホームグランプリであるイギリスGPを前に、2020年ドライバーラインアップを発表することができて喜ばしいと語った。

「カルロスとランドはレーサーとしての能力を発揮しており、チームが復活を目指す上で、なくてはならない存在である」

「今、チームの勢いが増し、士気が高まっている。ふたりはコース上でもファクトリーでも、大きな貢献を果たしてきた」

「ファンからも心からの歓迎を受けており、(チームのスローガンである)“Fearlessly Forward(恐れずに前に進む)”のメンタリティを体現する、マクラーレンブランドにとって素晴らしいアンバサダーだ」

2019年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 マクラーレンは数年にわたり低迷、2018年にはフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンという優れたドライバーを走らせながら、ランキング6位に終わった。しかし上層部の体制変更が行われ、代表としてザイドル、テクニカルディレクターとしてジェームズ・キーが加入。また、昨シーズンのプラクティスを使って2019年型MCL34の開発を進めてきた結果、今年は調子が上向き、第9戦終了時点でサインツは30点、ノリスは22点を稼ぎ、コンストラクターズ選手権においてビッグ3に続く4位に浮上した。ふたりはともに今季ここまでのベストリザルトは6位、予選ではノリスが5番手を獲得している。

 ふたりともマクラーレンとは2019年からの複数年契約を結んでいるが、Formula1.comによると、ノリスについては2020年に残留するための条件が設けられていたという。ノリスはそれを早々にクリアし、“試用期間”を上々の成績で終えたため、マクラーレンは正式にラインアップの発表を行ったものとみられる。

 またザイドルは、ノリスに他チームからの関心が集まっていることも、早期に残留発表を行った理由のひとつであると認めている。
 Sky Sportsによると、ザイドルは「ランドには他チームが関心を示している。しかし我々は彼と複数年契約を結んでおり、(来季起用の)決定も下したため、これを直ちに発表することにした」と語ったということだ。