フォード「FORD GT」ベースの新型スーパーカーをグッドウッドで初公開へ…1000馬力超えか!?

■フォード「マスタングGT500」も公開予定!

フォードは、7月4日より開催予定のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019にて、「フォードGT」をベースとした新型スーパーカーを初公開することがわかりました。

「フォードGT」は、1960年代にル・マンなどで活躍したレースカー「GT 40」を彷彿させるスーパーカーとして、2005年に限定1500台で発売され、2016年には二代目が登場しています。今回1点のみ公開されたティザーイメージからは、LEDデイタイムランニングライトはベースモデルと同じですが、大型のリアウィングを装着し、ルーフにはエアスクープも見てとれ、過激なエクステリアが予想されます。詳細は明かされておらず、ワンオフモデルなのか、新型レーシングモデルなのか、または限定発売される新型ロードカーかは不明です。

しかし、フォードのパフォーマンスグローバル・ディレクターであるヘルマン・サレンバウチ氏、マルチマティックCTOのラリー・ホルト氏は、「このイベントで特別なフォードGTスーパーカーを発表する」と語っており、期待が膨らむ。

フォードは最高出力760ps、最大トルク847Nmを発揮する「マスタングGT500」を公開予定ですが、この新型スーパーカーがそれ以上のパフォーマンスを持つ可能性もあるようでうす。

(APOLLO)