ハマーがEVモデルで復活か?「H1」「H2」のデザインを継承

●惜しまれつつ歴史を閉じたハマーが復活?

GMが発売していた「ハマー」が、復活する可能性があることがわかりました。

ハマーは1992年にGMより設立されたブランドで、「H1」「H2」「H3」などのモデルを発売、日本でも人気を博しましたが、2010年に惜しまれつつも廃止されました。

今回、米大手総合情報サービス会社「ブルームバーグ」が、ハマーのマーケティング担当者へインタビューしたところによると、フルEVモデルとしてハマーブランドを復活させる可能性を示唆したようです。またエクステリアは「H1」や「H2」の意匠を継承した最新デザインも構想にあるようです。

ハマーのEVと言えば、2017年にアーノルド・シュワルツェネッガー氏がオーストリアのベンチャー企業「Kreisel Electric」社の協力のもとエレクトリック化させたことが記憶に新しいです。またハマーは、2008年のデトロイトモーターショーにて「H4」を意識した「HXコンセプト」を発表。未来的フォルムに優れたオフロード走破性を持たせ若者層へアピールしましたが、ブランドの廃止により市販化されませんでした。その後、米「My Electronic Vehicle」社がGMからライセンスを受け、EVカート「ELECTRIC HUMMER HX-T」が販売されています。

ハマーブランドは強力な知名度があるため、EVモデルを販売するのに理想的な反面、GMが新しいブランドを販売する場所を構築しなければならないなど、問題もあります。大きな決断となりますが、是非EVハマーを見てみたいものです。

(APOLLO)