【速報】マツダチーム・ヨーストが総合優勝! 現行IMSAシリーズ初勝利をワン・ツーで飾る

 北米スポーツカーシリーズの最高峰、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ第6戦ワトキンスグレン6時間レースが6月30日、アメリカ・ニューヨーク州のワトキンスグレンで行われ、DPiクラスに参戦しているマツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-P(ハリー・ティンクネル/ジョナサン・ボマリート/ティモ・ベルンハルト組)が総合優勝を飾った。
 
 6時間のロングディスタンレースは、序盤からチーム・ヨーストとジョイントするマツダの2台がライバルのアキュラ、ニッサン、キャデラック勢をリードする展開に。
 
 レース最序盤は予選でレコードタイムを記録してポールポジションを奪った77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/オリビエ・プラ組)がスタートでトップの座を守ると、3番手グリッドからスタートした僚友55号車マツダもポジションを上げてこれに追従していく。
 
 2台のマツダRT24-Pはそのまま3番手以下を引き離し、一時は後続に60秒近い大差を築いてみせる。しかし、2度3度に渡って導入されるフルコースコーション(=セーフティカーラン)によって、その度にギャップは失われてしまう。

 そうしたなかでもスピードを武器に、77号車と55号車で順位を入れ替えながら首位を守っていたマツダだったが、スタートから5時間を前に導入された4回目のセーフティカーラン中のピットストップ時、2連勝中のアキュラ・チーム・ペンスキー、ファン・パブロ・モントーヤ駆る6号車アキュラARX-05に逆転を許してしまう。

ワトキンスグレンの新レコードタイムで予選ポールポジションを獲得した77号車マツダRT24-Pのオリバー・ジャービス
ワトキンスグレンの新レコードタイムで予選ポールポジションを獲得した77号車マツダRT24-Pのオリバー・ジャービス

 しかし、今日のマツダRT24-Pには絶対的なスピードと強さがあった。レース残り1時間8分でリスタートを迎えると、2番手につける55号車のティンクネルが執拗に6号車アキュラを攻め立てる。
 
 そして、迎えたスタートから5時間17分後、約20分に渡る攻防の末にティンクネルが元F1ドライバーのモントーヤを捉えて再び首位に浮上する。さらに、チェッカーまで残り32分で迎えた最後のピットストップでは、僚友77号車も6号車の前に出ることに成功しレース終盤にマツダチーム・ヨースト勢のワン・ツーとなる。
 
 レース最終盤には首位を走る55号車の左側エンジンカウルが捲れるアクシデントが発生したものの、この時点で後続には15秒以上のギャップを築いていたため大勢に影響はなし。
 
 最後は55号車と77号車マツダRT24-Pが2台揃って残り1周を意味するホワイトフラッグを受け、その1周後、チームとマツダファンが待ちに待ったプロトタイプカープログラムでの初優勝、2014年に始まった現行IMSAシリーズ参戦後初めてとなる総合優勝を見事ワン・ツー・フィニッシュで達成した。