アゲトラ先駆者がリフトアップするハイゼット・デッキバン

バンとトラックの顔を持つ希少なデッキバンを上げる

CAR STYLE

ハイゼット デッキバン

カースタイルは何年も前からハイゼットトラックやキャリイトラックのリフトアップに挑戦していた、言わば上げブームの先駆け。

同社が提案する「アゲトラ」は多くの軽トラたちに影響を与え、その流れは箱型や乗用タイプなど今までリフトアップに縁がなかったクルマにも波及。

「リフトアップ」がひとつのジャンルとして定着した。

そのカースタイルが新たに手がけたのが、ハイゼットデッキバン。

荷台があるのでトラックの一種であり、4人乗れる箱型Kカーとしての一面も持っている個性的なクルマである。

イジるベースとしてはあまり前例がない1台だが、カースタイルの手にかかればたくましいリフトアップスタイルに早変わり。

まず足まわりは、フロント車高調/リアロングショック+スプリングの組み合わせで35㎜アップ。

安定した乗り味で、なおかつ乗り心地も良いのが最大の特徴。

その足元に相応しいパイプ形状のフロントバンパー、そして9㎜サイズのオーバーフェンダーがワイルドさに磨きをかけてくれる。

なおこれらのパーツは、ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンにも装着できるぞ。


専用設計のトノカバーはカースタイルで取り扱っているアイテム。
防水性能が高く、荷物を安心して収納できる。


純正バンパーに追加する、パイプ形状のフロントバンパー。
素材はスチール製、精悍なマットブラック仕上げ。


純正のダイハツエンブレムはメッキ仕様。
ちょっと存在感が強かったので、ブラックで塗装してスッキリさせる。


フェンダーは継続車検OKの9㎜幅。
ビスはダミーで、両面テープで装着。
ホイールはエクストリームJ・XJ04。


アメリカンテイストが漂うスーリーのルーフラック。
こちらもカースタイルが扱っている人気アイテムのひとつ。


デモカーは車高調だが、純正ショックに対応したスプリング式のリフトアップキットも用意する。

「軽トラだと2人までですが、デッキバンは4人乗車が可能だからプライベートでも使える。
荷物を積めて家族も乗れる面白いクルマですね」とカースタイルの岡田さん。
アトレーワゴンやハイゼットカーゴとはひと味違うクルマに乗りたい人に最適。

カースタイル ハイゼットデッキバン
●価格:フロントバンパー 5万4000円
9㎜オーバーフェンダー 3万9960円
トノカバー 価格未定
35㎜リフトアップキット(スプリングタイプ/車高調タイプ)3万7800円/17万2800円
●対応:S331Wハイゼットデッキバン

問カースタイル ☎0774-46-8272
http://www.carstyle.jp

KCARスペシャル Vol.24 箱型 K-CAR カスタムガイド2019より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]