スバルがニュルブルクリンク24時間レースに「WRX STI」ベースのマシンで参戦!

スバルのモータースポーツ統括会社である「STI(スバルテクニカインターナショナル)」は、6月20〜23日に開催される第47回ニュルブクリンク24時間レースに、WRX STIをベースとした車両で参戦すると発表した。

2008年以来、今年で12年目の参戦

 参戦車両の「スバルWRX STI NBRチャレンジ2019」は、今年も2.0L以下のターボエンジン搭載車クラスである「SP3T」に参戦。同クラスで6度目の優勝を目指す。

 全長約20.8km、高低差300m と起伏が激しく、天候も刻々と変化する世界一過酷と言われるコースで、「速く」かつ「意のままに操る」ために、水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの基本レイアウトを活かしつつ、昨年から以下の性能を高めたという。

【スバルWRX STI NBRチャレンジ2019の主な改良箇所】
・フリクション軽減によるエンジン性能の向上
・ローギヤ化とステップ比の見直し
・軽量クラッチの採用によるパワートレイン性能の向上
・ジオメトリの最適化よる旋回性能の向上
・エアロパーツのアップデート、鮫肌塗装の採用により空力を向上

 チーム総監督はSTI の辰己英治が担当。ドライバーは、カルロ・ヴァン・ダム(オランダ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)、井口卓人(日本)という布陣。また今年も全国スバル販売店から選抜された8名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートする。販売店メカニックの海外自動車レースへの参加は、メカニックの技術力向上により、カスタマーにカーライフの「安心と愉しさ」をお届けすることを目的に1990年より継続している。これまでに369名(~2018 年)のメカニックがサファリラリーやWRC(世界ラリー選手権)、ニュルブルクリンク24時間レースで活躍してきた。

【スバルWRX STI NBRチャレンジ2019の主要諸元】
・全長×全幅×全高:5120×1900×1395mm
・ホイールベース:2700mm
・エンジン:EJ20 BOXER DOHC 16 バルブ AVCS シングルスクロールターボ
・排気量:1994cc
・最高出力:340ps/550rpm
・最大トルク:461Nm/3000rpm
・エアリストリクター:φ37
・変速機:6速シーケンシャルギヤボックス+パドルシフト
・クラッチ:小倉クラッチ製メタルクアッドプレート
・サスペンション:(前)ストラット/(後)ダブルウィッシュボーン
・ブレーキ:(前)ブレンボ製6ポッド/(後)ブレンボ製4ポッド エンドレスパッド
・ホイール(サイズ):BBS製(18×10J)
・タイヤ:ファルケン