Motor Fan 新型スープラ 全3グレード試乗!

3リッターも2リッターも走りは楽しい!

先代80スープラの販売終了から17年の時を経て復活した新型スープラ。3リッターターボで340psのRZ、2リッターターボ258psのSZ-R、197psのSZという3グレードのラインアップでの登場となった。今回はモーターファン.jpの小泉編集長がそれぞれ試乗し、ドライブフィーリングなどをレポートします!

 

直6ターボ搭載のRZ。さすがに1600rpmから51kg-mのトルクを発揮するだけにすこぶる速く、エンジンをできるだけ後ろに積むことでフロントヘビーにならず、小気味よいハンドリングを体感できるという。かつて80スープラが登場したときそのスタイリングに衝撃を受けたが、今回の新型もスポーツカーらしいスタイルで、トヨタに本格スポーツが復活したぞ!という印象が強い。

 

この90スープラ、3リッター直6ターボというエンジンラインアップは伝統を引き継いだところだが、2リッターターボが用意されているのが新しいところ。直4なのでよりフロントミッドシップとなり、これまた軽快なハンドリング。またSZ-Rは258psで3リッター同様アクティブサス&デフが搭載されておりこちらも相当楽しめる仕様となっている様子。今回は全3グレードを試乗し、それぞれの特徴をお伝えします!