「ZC33Sスイスポにさらなる楽しさと速さを!」ハイフロータービンを軸にしたコスパ重視のアップデート術!

「ZC33Sスイスポにさらなる楽しさと速さを!」ハイフロータービンを軸にしたコスパ重視のアップデート術!

ユーザー目線のアップデートでZC33Sの楽しさを追求!

 

続々と誕生するオリジナルパーツは走りを楽しみたいオーナー必見!

ハイパワーを競い合うのではなく、ハンドリングマシンとしてサーキットを楽しく走れるスポーツカーをコンセプトに、スイスポチューンを進めているガレージフラックス。これまでノーマルの限界値を探りながらサーキットを走り込んできたが、さらなるアップデートを施すことでより楽しく走れるマシンを実現しているのだ。

そのハイライトのひとつが、新たに超軽量ボディパーツをリリースしたこと。特にカーボン製のボンネットは、ノーマルで9kgの重量から1/3程度となる3kg切りを実現。現在は試作品ながら、その軽量さからハンドリングを大幅に改善してくれるアイテムとして効果を発揮してくれる。フルカーボン(15万円)の他、カーボンとFRPのハイブリッドタイプ(9万円)、FRPタイプ(8万円)のバリエーションもあり。

さらにフロントアンダーパネルもカーボン製を採用。ダウンフォースを効かせつつ既存のサイドアンダーパネルとのマッチングも向上させているのだ。サイドアンダーは出幅などを自由にアレンジできるため、空力のアレンジも自由自在に行えるのも特徴のひとつだ。

エンジン系に関しては、オリジナルのハイフロータービンを開発。燃料系の問題もあるためパワー自体は200psがマックスではあるが、純正タービンとは違ったレスポンスの良さは走りを楽しみたいオーナー必見だ。

吸気系などは純正ボックスを採用しつつ遮熱対策などを徹底して行う。また、車高を下げてもドライブシャフトに負担がかからないよう、エンジンやメンバー上げをはじめとした各部補正加工を行うなど、目に見えにくい部分もキッチリと手が加えられている。

マフラーはアールズ製をセットしつつ、ハイフロータービンなどと合わせてコンピュータもオリジナルでセットアップ。手軽に行える既製品のみでのチューニングもコンセプトに従ったメニューというわけだ。

サスペンションはクスコをベースにしたオリジナルスペックを利用。減衰力やスプリングレートなど、車高を下げた状態で適正化するようにセットアップが施され、サーキットでの操作性や追従性は格段にアップしている。

もちろん単純にチューニングパーツを組み合わせるだけでなく、各部のセッティングも緻密に行われているのも特徴だ。

とくに足回りのセッティングからはじまり、タイヤのチョイス、LSDは使用するオイルに合わせてイニシャルを変更するなど、サーキットを楽しく走るためのノウハウもしっかりと注入されている。現在の仕様でも筑波サーキットのベストタイムが1分05秒台。かけたコストを考えても十分に満足できるパフォーマンスを実現できているというわけだ。

●取材協力:ガレージフラックス 三重県四日市市市場町957-2 TEL:059−329−5137