ボルボXC90「D5」は、ターボに圧縮エアを送り出し発進時から力強い加速を実現

●最上級SUVらしい乗り心地も魅力的。圧縮エア機構を採用したボルボXC90「D5」

ボルボの最上級SUVであるXC90に「D5」が追加されました。ボルボは、最高出力によりガソリンのT3、T4、T5、ディーゼルのD3、D4、D5などと機種名が付けられていて、D5はクリーンディーゼルで最もパワフルなモデルになります。

XC90 D5は、圧縮エアをターボに送り込むことでターボラグを低減し、スムーズな発進、中低速域での力強い加速を引き出す「Power Pulse」と呼ばれる新開発の機構を採用しているのが特徴。

スペックは最高出力235ps/4000rpm・最大トルク480Nm/ 1750-2250rpm。なお、NOx除去には、アドブルーで排ガスのNOxを抑制するSCR触媒コンバーターが使われています。

圧縮エア搭載車は、1秒後に非搭載車の約2倍の出力が得られるのが特徴で、0-50km/h加速、0-100km/h加速時ともに約0.5秒の短縮が可能になるそう。ただし作動上限があり、アクセル開度が36%以下、ペダル踏み込みの速度が100%/s以下、エンジン回転数が2000rpm以下、エアバルブの計算温度が+5℃以上、周囲温度約3℃以上となっています。

実際にステアリングを握ってみると、約2.1tにもなる「XC90 D5 AWD」ですが、圧縮エアの威力は絶大。巨大を物ともせずに発進時から急な上り坂まで、グイッとボディを力強く前進させるのが印象的。

圧縮エアにより、ターボによる過給までの間(つまり、ターボラグ)が確かに短く感じるのと、トルク感のあるディーゼルらしい力強さも印象的で、大きなボディであることを忘れさせるほどのたくましい加速が得られます。

それだけ大きくて速いとちゃんと止まるのか不安もありますが、ブレーキのタッチはリニアで、制動力自体も下り坂でも十分に得られるのも美点。また、8ATのスムーズな変速フィールも長所で、短い試乗時間においてでは、パワートレーン関連ではほとんど不満を抱かせませんでした。

さらに、XC90登場時よりも当たりがまろやかになった乗り味も魅力で、試乗車はエアサスペンション装着車でしたが、大型SUVらしいストローク感のある足の動きに加えて、路面の微細な凹凸を感じさせないフラットライド感は高級車そのもの。

ロールが大きくなりがちなSUVでもボディのコントロールがしやすく、山道を苦にしないハンドリングにも感心させられました。

ベーシックな「モメンタム」で859万円、上級の「インスクリプション」は944万円と堂々たる高級SUV。安全装備の充実ぶりを考えると十分以上にリーズナブル(適正)といえます。予算や駐車場所などが許せば、非常に高い満足感が得られそうです。

(文/写真 塚田勝弘)