ボッタス、F1スペインGP以降はハミルトンに及ばないレースが続くもプレッシャーは否定

 F1カナダGPでのバルテリ・ボッタスは、メルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンと比べてパフォーマンスが振るわなかったが、そのことでプレッシャーは感じていないと主張した。

 ボッタスはモントリオールにおいて、期待外れの数日間を耐え抜いた。ミスを犯したことにより、予選は6位で終えている。また日曜午後の決勝も難しいものとなり、トップ3の順位を賭けた戦いに加わることもできないまま、最終的に4位でのフィニッシュとなった。

 レース後、3戦連続で全体的にハミルトンにパフォーマンスが及ばなかったことでプレッシャーを感じているかどうかを尋ねられたボッタスは、特にストレスは感じていないと否定した。

「プレッシャーは何も感じていない」とボッタスは言う。

「シーズンが始まって以降の状況には満足しているし、本当に楽しんでいる」

「昨日はミスがあった。予選終盤で挽回しようとやりすぎてしまったかもしれないが、そうしたことも起こり得る」

「今週末も含め、この数戦でのことがプレッシャーに関係しているとは思わない。だからプレッシャーを感じているとは言えないね。そうしたことではないと思うし、プレッシャーはないと言い切れる」

 しかしながらボッタスは、カナダGPでの4位という結果は、特筆すべきものではないことを認めた。

「もちろん4位という結果では十分満足はできない」とボッタスは付け加えた。

「少なくともいくつか順位を上げたし、ファステストラップを出して追加のポイントも獲得した。それはポジティブなことだ」

「レースの序盤は期待していたよりも厳しいものだった。ピットイン後に、ターン2でひとつ順位を落としてしまったんだ。その後にはDRSを使うマシンの行列ができていた。エンジンとブレーキがオーバーヒートしたせいで、かなりの制約を受けていたこともあり、プッシュしてオーバーテイクするところまでいかなかった」

「チャンスをただ待っていたようなものだった。そしてようやく全員がピットインした。彼らがピットインするまでに、僕はトップ3から大分遅れをとっていたが、周りにマシンがいなくなったことで走りやすくなった」

「状況はまずまずで大きな問題もなかった。第2スティントではスピードを出せたように感じていたけれど、結局のところ昨日の結果がすべての要因となっていた。こういうこともある」

 30周後にハードタイヤに履き替えたボッタスは、ルノーのダニエル・リカルドに行く手を阻まれる。決着がつくまでの数周に渡り、ボッタスはリカルドと競り合うことになった。

「ダニエルとは実際のところ、とても良いバトルができた」とボッタスは語った。

「彼はときに、レギュレーションで許される限界のところで防御していた。彼は僕が追い抜きを仕掛けるのを待っていて、高速での走行中に僕をブロックしたんだ」

「文句を言っているわけじゃない。僕は激しいレースが好きだし、限界での戦いだった。彼の防御は優れていたし、抜くのは簡単なことではなかった。でも最終的には上手くいったよ」