TCR Japanシリーズがオートポリスでいよいよ開幕!【スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス】

今や世界各国で大盛況となっているTCR車両によるスプリントレースが、TCR Japanシリーズとしていよいよ開幕を迎えました!

開催初年度から、スーパーGT、GT500クラスより多い16台のエントリーを集め、初大会となる今回は大分県のオートポリスでサタデーシリーズ、サンデーシリーズの2戦が開催されます。

開幕に先立ち、木曜と金曜に合わせて3回行われたフリー走行では、KCMGからエントリーしている #18 マシュー・ホーソン選手(Honda CIVIC TCR)やHitotsuyama Racingの元崖っぷちドライバー #21 篠原 拓朗選手(Audi RS3 LMS)、埼玉トヨペット GreenBraveの #52 密山 祥吾選手(Volkswagen Golf GTI TCR)など、並み居る歴戦のドライバーを相手に、GO&FUN Squadra Corseのジェントルマンドライバー #33 前嶋 秀司選手(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR)がトップタイムをマークしました!

タイヤはヨコハマのワンメイクとなるため、レースは純粋に車、そしてドライバーの速さや強さで勝者が決まります。フリー走行でも参戦4車種のタイムは拮抗しており、23分+1周後のチェッカーを誰が最初にくぐるのか、本当に目が離せません!

日本の新しいレースシーンの最初の1ページに、どのドライバーが名を刻むのか、レースをご覧になればあなたも歴史の生き証人です!

(H@ty)